状況を変えるために転職をしても、実際には失敗してすぐに辞めたくなってしまう人もいます。

ここでは、転職が失敗してすぐ辞める人の特徴や、すぐに辞めてしまう短期離職のリスク、短期離職する場合に転職エージェントがおすすめの理由を解説します。

この記事を読むことで、勢いで転職を考えず、しっかり将来を見据えて考えることができます。

転職が失敗してすぐ辞める人の特徴

嫌な思いをしたからこそ転職したのに、転職先でもまた嫌な思いをし、転職が失敗だとすぐに辞めたい思う人も少なくありません。しかし、転職で悩みが解消するとは限りません。

転職に失敗してすぐに辞めたくなる人には、共通の特徴があります。

下記の特徴に当てはまる場合、転職に失敗する可能性もあるため慎重に転職活動を進めましょう。転職先でもすぐに辞めたくならないようにする心構えも合わせて解説します。

転職理由がネガティブ

転職理由は、本音でいえば誰もがネガティブな理由でしょう。漠然と仕事が辛い、あるいは職場の人間関係がうまくいかない事などが考えられます。

しかし、ネガティブな理由を自分の中でポジティブな言葉に置き換えて、気持ちを入れ替えることが出来なければ、転職先でも同じような悩みにさらされて失敗に終わる事にもつながります。

人のせいにする性格が直せない

仕事がうまくいかない、人間関係が面倒などと思う人の中には、すべての責任を周りの人に転嫁する人がいます。責任転嫁ばかりしていると、人間関係を構築できないため、仕事をうまく進められなくなるのも当然です。

考えが偏ってしまっていると、転職活動もままならないでしょう。応募先企業は、すでに社会経験がある人には、特に環境順応力の高さを求めます。また、責任転嫁するクセが抜けないと、どこの職場でも周囲の人からは受け入れてもらえないでしょう。

嫌なことや問題が起こったときには、物事を第三者的な視点で見て、自分にも非がないかを冷静に分析する必要があります。

外部からの情報に惑わされやすい

初めて就職するときには、目的や理想があって就職先を決めている場合が多いですが、日々の業務の中で、自分の本当の目的を見失ってしまいがちです。

周りの情報によし悪しの判断を惑わされていると、「給料が高い」「キャリアアップができる」などのキャッチコピーに踊らされて、やりがいを感じられなくなり、辞めたくなってしまいます。

転職を考える場合、あらためて自分の原点に戻り、仕事に求めることを整理してみるのがよいでしょう。転職の目的を明確にする事で、次の職場をよりしっかりとした気持ちで選ぶ事ができます。

 

すぐに辞める短期離職のリスク

一般的に短期離職とは、1年以内の離職のことをさします。

転職してすぐに辞めたいといえば、周囲の人は「我慢しろ。」「もう少し勤めないとわからない。」などと引き留めることがあります。

実際には、仕事を選ぶのは自由な上、辞めるのも自由です。必要以上に我慢して仕事をする必要もない上、短期離職でもすぐ転職に成功する人もいます。

しかし、すぐに辞めてしまう短期離職にはリスクがいくつかあります。転職が失敗してすぐに辞めたくなったとしても、まずは以下の短期離職のリスクと照らし合わせて、自分の将来を考えてみましょう。

面接の際にマイナス要因になる

企業は採用活動にコストをかけているのもあり、できるだけ長く勤めてくれる人が欲しいものです。短期離職をした過去があると、同じことを繰り返しかねないと思われてしまいます。

多くの企業では、1回の短期離職であれば、納得できる理由であれば問題にならないことが多いでしょう。しかし、中には1回でも短期離職があると、それだけで不採用にする企業があるのも現実です。

経験の豊富さはプラスにならない

短期離職を繰り返す人の中には、「たくさんの仕事を経験した。」というポジティブないい方をする人もいるでしょう。しかし、多くの企業では、短期離職では仕事を経験したと評価はしないものです。

短期でも身についたものがあり、納得させられる成果をアピールできるならば、経験と見なされる可能性もゼロではありません。しかし、短期離職をメリットとしてアピールする事は、一般的におすすめできません。

次の会社がよい会社とは限らない

会社は、入ってみないとわからないことも多いため、転職で解消したかったネガティブな要素が、転職先で解決されるかは実際に働いてみないとわかりません。

転職先が合わなければ、さらなる短期離職を誘発することも考えられます。転職に問題の解決を期待しすぎると失敗してしまうでしょう。

短期離職するなら転職エージェントがおすすめ

この記事では短期離職のリスクをご紹介しましたが、辞めたいという気持ちを抱えたまま、我慢して働き続けると大きなストレスになるでしょう。転職先でもすぐに辞めたいと思い詰めている場合、辞めてしまったほうがよいケースもあります。

職場の環境が健康を害してしまうほど悪い場合、短期離職になるとしても転職するのがおすすめです。在職のまま転職活動をしてみるのがよいでしょう。

転職活動をするだけでも、気分的が軽くなることもあります。転職活動をしたからといって、必ず転職しなければいけないというものでもありません。また、短期離職でも在職中の正社員への転職活動の方が、面接などで相手を納得させる転職の理由を上げやすくなるでしょう。

仕事と並行して転職活動をする場合、転職エージェントを使い、難しい短期離職だからこそプロのサポートを受けるほうが効率的かつ戦略的に進めることができます。

転職エージェントは、それぞれ非公開案件を持ち、さまざまなタイプのキャリアコンサルタントがいます。いくつかの転職エージェントに登録して、自分の希望にあったエージェントやコンサルタントを探すのがよいでしょう。

まずは、業界大手といわれる「リクルートエージェント」「doda」、ミドル・ハイクラスの転職には、「ビズリサーチ」や「JACリクルートメント」、20代の転職には「ハタラクティブ」「JAIC (ジェイック)」などがよいでしょう。

転職に失敗してすぐやめる場合についてのまとめ

  • 転職に失敗してすぐに辞めたくなる人には、3つの特徴と特徴を解消する心構えがあります。
  • 転職理由は、本音でいえば誰もがネガティブな理由ですが、ポジティブな言葉に置き換えて、気持ちを入れ替えましょう。
  • 転職理由のすべての責任を周りの人に転嫁する人も、すぐに辞めたくなる特徴です。冷静に自分を分析すると、責任転嫁が減り、辞めたくなることが少ないでしょう。
  • 給料が高いなどの情報に踊らされて、仕事に求めるものを見失うことがあります。転職の目的を明確にすると解消されるでしょう。
  • 職業の選択は自由であるため、必要以上に我慢して仕事をする必要はありません。ただ、短期離職のリスクは知っておくのが大切です。企業はできるだけ長く勤めてくれる人が欲しいですが、短期離職の応募者は、繰り返しかねないと思われてしまいます。
  • また短期離職は、たくさんの仕事を経験したともいえますが、多くの企業では、短期では仕事を経験したと評価はしないでしょう。転職で解消したかったネガティブな要素が、転職先では解決されるとは限りません。
  • しかし、健康を害すほどのストレスなら、短期離職になりそうでも、在職のまま転職活動をしてみるのがおすすめです。仕事と並行して転職活動をする、短期離職になるなら、転職エージェントでプロのサポートを受けるほうが効率的かつ戦略的に進めることができます。おすすめのエージェントを参考に、転職活動を進めてみましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda