粗製乱造(そぜいらんぞう)の意味

粗製乱造は、粗末で質の悪い作り方という意味を持つ「粗製」と、むやみに造り出すという意味を持つ「乱造」が合わさって出来た四字熟語です。

上記の事から粗製乱造とは、いい加減な物を大量に造り出すという意味の四字熟語です。

粗製乱造の類語には「質より量」があります。

粗製乱造のビジネスシーンでの使い方

粗製乱造は、ビジネスシーンで頻繁に使われる言葉です。

一つのコンテンツが流行すると、他の企業が類似したものを安価で生産されることは多くあるため、質よりも量を重視している企業は多く存在しています。

質が悪かったり、不備が見られる品を見つけた際に「これは粗製乱造のものだ。」などとあらわすことができます。

粗製乱造の例文

あわてて作ったものだから粗製乱造もいいところですよ。
出典:山際淳司『ナックルボールを風に』
なぜかというと、この餅は餅米のツブだらけで、粗製乱造の賃餅だ。
出典:坂口安吾『餅のタタリ』
しかし、戦時下の粗製乱造で、 缶爆発が続出する悲劇の機関車となる。
出典:橋本克彦『日本鉄道物語』
もろちろんこのようにしてマスコミの需要に応えて粗製乱造されたスターは、本物ではない。
出典:森村誠一『新幹線殺人事件』
粗製乱造のお惣菜とはいえ、空腹を満たすのには充分だ。
今のままでは、私の未来は今日が繰り返し粗製乱造されていくだけだ。