効果覿面(こうかてきめん)の

「覿面」の「覿」は見ることを意味する言葉です。「面」には目の前で、という意味があるため、「覿面」には「見ている目の前で」という意味があります。

上記の事から効果覿面とは、なにか策を講じた結果、効き目がすぐに、わかりやすくはっきりとあらわれる事を意味する四字熟語です。

効果覿面の類義語には、「奏効する」や「天罰覿面」といったものがあります。「奏効する」は、行いに対してよい結果になったときに使うことが一般的であるのに対し、「天罰覿面」は、天の下す罰が目の前であらわれることという意味があるため、よくないことが起ったときに使うことができるでしょう。

効果覿面のビジネスシーンでの意味

効果覿面はビジネスではありません。

しかし、自分が講じた策がわかりやすく効果を発揮し、結果を出すシチュエーションは、ビジネスシーンにおいてもしばしば発生する事です。自分の起こした行動の結果が効果覿面に現れると、に対するモチベーションアップにもつながります。

効果覿面の例文

彼のプロモーションのおかげで商品の売り上げはうなぎのぼり、まさに効果覿面だね。
稲を荒らす害虫に対して、この殺虫剤は効果覿面だ。
この塗り薬は私のニキビに効果覿面だ。
部長の叱責は効果覿面で、遅刻癖のある新入社員は次の日から全く遅刻をしなくなりました。