十中八九(じっちゅうはっく)の意味

十中八九とは、「十のうち八つか九つは」という意味の言葉から転じて、大方間違いないという意味を示すときに用いる四字熟語です。

十中八九と同様に「確率」を示した四字熟語には「五分五分」や「九分九厘」などがあります。十中八九は、「五分五分」よりは見通しが明らかなものの「九分九厘」というには不安が残る場合に用います。

十中八九のビジネスシーンでの使い方

十中八九は、いつでもどこでも、なにを対象にも使うことができる言葉ですが、ビジネスの世界でも使い勝手がよい言葉です。

どれくらい大丈夫か聞かれた際「85%ほど大丈夫です。」などというと堅苦しく、場合によっては鼻につく印象になってしまいますが、十中八九イケると思います。」などといえば柔らかい雰囲気で伝える事ができます。

ビジネスシーンでは正確な判断が求められます。使う際は、アバウトな表現が通用する場面を選ぶ必要があります。

十中八九の例文

週末の打ち上げですか。そうですね、十中八九大丈夫だと思いますよ。ただ、ちょっと講習会が入っていまして、今のチームの都合でそっちが優先になるかも知れません。
私たちの仕事は常に正確性を重んじられる。少しぐらい遅くてもよいから、十中八九の精度ではなく、絶対といい切れるような仕事を続けなければならない。