緩急自在(かんきゅうじざい)の意味

緩急自在とは、物事のペースを緩めたり早めたりして、自由自在に操っていくことをさす四字熟語です。

スポーツ、特に野球などのテクニックを必要とされる競技に際しての評価に用いられ、緩急自在の「ピッチング」などのように、肯定的な形で使うことができます。

緩急自在のビジネスシーンでの使い方

常に仕事と向き合う中でも、必ず忙しい時期と暇な時期があるビジネスシーンにおいても非常に有効に活用することができ、人のスキルに関しても使えるという点で便利な言葉です。

昨今話題の働き方改革も、作業の効率性が大事になってくるものであるため、部下たちにハッパをかけたり、逆に緩めたりする場合に使ってみるのもよいです。

緩急自在の例文

いやあ、やっぱり課長の営業トークは凄い。ガッと強く出たと思ったら、まるで親友のように距離を詰めてくる。まさに緩急自在のテクだよ。
ようし、休憩は終わりだ。定時までに一気に片付けちゃうぞ。で、終わったら飲みに行こう。緩急自在っていうが、ビシっと働く時に全力を出してこそ、遊びも楽しめるってもんだ。