天災地変(てんさいちへん)の意味

「天災」とは地震、洪水などの災害を意味する言葉で、「地変」も同様に、大災害を意味する言葉です。

上記の事から天変地異は、自然がもたらす様々な災害や異変を意味する四字熟語です。

天災地変のビジネスシーンでの使い方

天災地変はビジネス語ではありません。

しかし現代では、DR(disaster recovery)という概念のもと、災害によるダメージをいかに早く復旧させるかを、平常時から取り決めておく企業が増えています。

IT化の進んだ現代のビジネスにおいて、天災地変の起きた際に企業活動をいかに維持していくかの方法や、企業活動の生命線であるデータの安全の確保を考えておく事が大切です。

天災地変の例文

天災地変がいつ起きてもよいように、データサーバーのバックアップや、復旧のための手順を既に準備している。
天災地変が起きても、しばらくの間会社で生活ができるように非常食などの準備をしておいた。