身内や親しい友人の子どもが幼稚園に入園するときに、「入園祝い」として贈り物をする風習があります。

この記事では、入園祝いを贈るタイミングや入園祝いの相場、喜ばれる贈り物などについて解説します。

入園祝いを贈る相手

入園祝いは身内のお祝いであるため、孫、甥、姪などの親戚が入園するときに贈ります。

友人・知人の関係では、特に親しくしている場合や、自分の子どもに入園祝いをいただいた場合以外は贈る必要がありません。

入園祝いの相場

入園祝いを贈る場合の金額は、相手との関係性のほか、贈る側の立場や年齢、家族の風習などでも変わります。

現金を贈る場合でも品物を贈る場合でも、おおよそ以下の金額が目安です。

祖父母
10,000円
伯父、叔母
5,000円~10,000円
友人
3,000円~5,000円
関連記事

入園祝いを贈る時期は3月末まで

入園祝いは、できれば3月末までに、遅くとも入園式の2週間~3週間前までに贈るようにしましょう。入園の直前になると入園準備で忙しくなるため、早めに相手にお渡しできるのが好ましいです。

私立幼稚園では秋ごろに入園試験と合格発表のある園が多いです。入園試験に合格して入園が決まった場合には、合格祝いの気持ちも込めて、入園時期を待たずに合格発表後に贈り物をしてもよいでしょう。

どうしてもタイミングが合わずに、入園祝いを贈るのが入園後になってしまった場合でも、「お祝いが遅くなり申し訳ございません。」という趣旨の言葉や手紙を添えて贈れば問題ありません。

入園祝いはのし紙をつけて贈る

入園祝いの贈り物には、のし紙をつけて贈ります。水引は紅白の蝶結びがふさわしく、表書きは「祝御入園」が一般的です。名前には贈り主の名前をフルネームで書きます。

現金を贈る場合も、のし袋に入れて贈ります。品物の場合と同様に、紅白の蝶結びの水引に表書きは「御入園祝」とし、贈り主の名前をフルネームで書きましょう。お札はできれば新札を用意するのが一般的です。

 

 

入園祝いにおすすめのプレゼント

現金と小物がおすすめ

入園祝いを現金で贈る事を味気なく感じる人もいますが、入園時は揃えるものが多い時期であるため、現金は喜ばれます。

しかし、入園祝いはあくまでも入園する本人に対して贈るものです。現金は両親にはありがたいですが、子どもにはお祝いをもらったということが伝わりにくいでしょう。

現金に添えて、文房具などの小物も添えるとよいです。

商品券やカタログギフト

贈るものが思いつかなかったり、予算が多くないため現金では格好がつかないという場合は、商品券やカタログギフトを贈ってもよいでしょう。

商品券は子ども向けのかわいいデザインのものも揃っています。カタログであれば親子一緒に欲しいものを選ぶことができます。

幼稚園で使う実用品

物を贈る場合は、幼稚園に入ったら必ず使うものや、いくつあっても困らないものが喜ばれます。

ハンドタオル
毎日数枚を持っていく必要があるため、何枚あっても助かる贈り物です。ループフックがついていてカバンやフックにかけられるタイプが便利です。
靴下
子どもの靴下はすぐに穴があいたり、汚れて替えが必要になったりするため、靴下はいくつあっても困らない贈り物です。しかし、幼稚園が制服で指定の靴下がある場合もあるため、事前に確認をしたほうがよいでしょう。
お弁当箱・水筒
幼稚園が給食ではなくお弁当を持っていくスタイルの場合は、お弁当箱も喜ばれます。子どもの好きなキャラクターを聞いて選んでもよいでしょう。水筒も必需品です、予備も含めていくつかあってもよいでしょう。
長靴・レインコート
小さな子どもは、雨の日の外出に傘をさすよりもレインコートを着ることが多いです。買いそびれているうちに梅雨の時期になってしまうこともあるため、レインコートをプレゼントされて助かったと感じる親御さんも少なくありません。長靴とセットで贈っても喜ばれるでしょう。
ネームシール・シールメーカー
持ち物すべてに名前を書くことが、入園準備で一番大変だと感じる親御さんが多いです。子どもの名前のシールやスタンプをプレゼントしたり、シールが作れるシールメーカーをプレゼントすると間違いなく喜ばれます。

入園祝いのお返し

入園祝いは子どもへの贈り物ですあるため、本来お返しは必要ないといわれています。

しかし、お付き合いの度合いや高価なものをいただいた場合、お返しをしたいと思うこともあるでしょう。入園祝いのお返しのマナーには以下のものがあります。

いただいた物の1/3程度の金額の物をお返しする

入園祝いのお返しは、いただいた物の1/3程度の金額を目安に選びましょう。

お返しは1か月以内にする

入園祝いのお返しをするのは、入園祝いをいただいてから1か月以内が好ましいとされています。

のしの表書きは「内祝」

お返しの品物にはのしをつけます。紅白蝶結びの水引に、表書きは「内祝」とするのが一般的です。

名前はお祝いをいただいた子どもの名前です。親の名前ではないため注意しましょう。

お返しは消えものが基本

内祝いは、消えもの(お菓子など食べてしまえばなくなるもの)を贈るのが基本です。

子どもの写真や子どもの描いた絵、手紙などを添えると、受け取った側に喜んでもらえるでしょう。

入園祝いについてのまとめ

  • 入園祝いは身内や特に親しくしている友人の子どもに贈ります。
  • 入園祝いの金額は、祖父母なら10,000円、伯父、叔母なら5,000円~10,000円、友人なら3,000円~5,000円くらいが目安です。
  • 入園祝いは「御入園祝」ののしをつけて贈ります。
  • 入園祝いの贈り物は、現金、カタログギフトのほか、お弁当箱やレインコート、ネームシールなどの実用品が喜ばれます。
  • 入園祝いのお返しは基本的には必要ありませんが、内祝いとして贈ってもよいでしょう。