注目されることが苦手で、積極的に行動するよりも静かに過ごす方が好きな引っ込み思案について、悪いイメージを持っている人は少なくありません。

ここでは、引っ込み思案の特徴について解説します。この記事を読むことで、引っ込み思案の性格とうまく付き合っていく事が出来ます。

引っ込み思案の意味

引っ込み思案とは、内気で他人の前に出るなどの目立つ行動や、自分から動く行動が苦手な性格をさす言葉です。

引っ込み思案の類語

引っ込み思案の類語は「控えめ」です。

引っ込み思案には言葉にネガティブなイメージがありますが、「控えめ」には、謙虚で自分を抑えている印象があるため、引っ込み思案というよりもに捉えることが可能です。

引っ込み思案な性格の英語表現

引っ込み思案な性格をあらわす英語表現は以下の通りです。

一番わかりやすい表現はshy

引っ込み思案をあらわすのに一番わかりやすい単語がshyです。自分は遠慮することが多く、人目が気になってしまうなと感じる場合、迷わずshyを使うとよいでしょう。

shyを使った例文は以下の通りです

私は引っ込み思案な性格だ。
I’m a shy person.

無口な事を強調するにはquiet

自分は無口なほうであまり喋らないということをアピールしたい場合は、quietを使うことがおすすめです。例文は以下の通りです。

私はあまりしゃべらない性格だ。
I’m a quiet person.(又はI’m quiet.)

not outgoingでは外交的な性格でないとあらわせる

自分のことを外交的な性格でないといいたいときに用います。

私は外交的な性格ではない。
I’m not very outgoing.

などのいい方で用いるとよいでしょう。shyというよりもこちらの方がスマートだと感じる人もいるため、覚えておいて損にはなりません。

引っ込み思案な性格と向き合う方法

引っ込み思案な自分と向き合うには、自己分析をすることが大事です。

どんなシーンで引っ込み思案な性格が出てしまうのか、一緒にいる人がどういう人だと引っ込み思案になってしまうのかなどを分析する事が大切です。

ネガティブアクションをとらない

引っ込み思案な自分を変えたい、悪い考えばかり浮かぶ自分を変えたいという方は、ネガティブな思考につながる行動を改める事が大切です。

例として、下を向くという行動があげられます。しっかりと前を向くことを意識することによって、心も前向きなものになっていきます。

また、自信がないとどうしても声が小さくなってしまいます。多少無理気味でも大きな声を出すことによって、体に活力を与えましょう。

自分のよいところに目を向ける

自信がなくなると行動が消極的になります。消極的になると、自分に嫌気が差してさらにが低下するという負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

そこで、自分のよいところに目を向ける事が大切です。引っ込み事案は控えめで、謙虚な性格なんだと自分にいい聞かせる事が大切です。

完璧な人はいないといい聞かせる

失敗を恐れて人前に出たくないという人は、自分でも気づかないうちに完璧主義な性格になっている事が多いです。

恥ずかしい思いをしたくないのは自然な気持ちです。しかし、失敗をする事は誰にでもある事であるため、極度に怖がらないよう気を付ける事が大切です。

引っ込み思案についてのまとめ

  • 引っ込み思案とは、内気で、人前に出ることや、積極的に行動することが苦手な性格のことをさします。
  • 引っ込み事案の類語は「控えめ」です。決して悪い意味だけではないということがわかります。
  • 引っ込み事案は英語では、shy、quiet、not outgoingなどといういい方をします。自分が一番使いやすくてしっくり来るものを選んで使うとよいでしょう。
  • 引っ込み思案な性格と向き合うには、自己分析が大切です。どうしてそう思うのか?なぜそうしてしまったのか?と考えることで、完璧主義など自分の偏った考えに気づくことができます。
  • 引っ込み思案なことでネガティブな気持ちになりがちな人は、意識的に自分のいいところに目を向けて、ネガティブな思考につながるアクションをしないようにすることがおすすめです。