葬儀などでにお布施を渡すことがあります。子供の頃は縁がありませんが、大人になり、社会人になると、お坊さんのお世話になる機会が増えてお布施を渡すことも増えてきます。

お布施を渡すときになって慌てないためにも、お布施について事前に知っておく必要があります。ここでは、お布施の意味や種類、など、お布施を渡す機会が来ても困らないための基礎的な知識を解説します。

お布施とはなにか?

お布施とは一般的に、お坊さんに渡す謝礼のことをさす言葉です。注意点として、お布施はお坊さんのお経や戒名の代金というわけではないということがあげられます。お経や戒名の代金の場合、金額が決まっているため、お坊さんが請求します。

お布施は、お坊さんに感謝の気持ちとして、こちらから渡すものです。金額が決まっておらず、お坊さんから請求することもありません。

お寺はお布施によって寺院を維持します。お布施を渡すことによって、ご本尊を守っていただくことにつながります。

お布施の相場

お布施が感謝の気持ちをあらわすものであるため、金額が気になる場合は、お坊さんに聞いてみるとよいでしょう。聞く際は、「いくら払えばよいですか?」という聞き方は失礼であるため、「みなさんお布施はどれくらいにされていますか?」などといった聞き方がよいです。

お布施の相場の金額は、お通夜・葬儀・告別式の場合と、法要の場合で大きく異なります。以下では場合別のお布施の金額を解説します。

お通夜・葬儀・告別式の場合
お通夜・葬儀・告別式の場合は、大体20万円~50万円程度が相場です。関西は20万円くらいが多いです。

法要の場合
一周忌など法要の場合は、3万円から5万円程度が相場です。葬儀に比べると少額で、祥月命日法要の場合はさらに少なく、1万円前後です。お盆のときも1万円前後が相場です。

お坊さんに自宅まで来てもらう場合は、お布施に加えて、交通費・食事代としてお車代、御膳料を渡すこともあります。

お布施は感謝の気持ちのあらわれであるため、相場を参考にしたうえで、どれくらい包むのか改めて考えることが大切です。

 

関連記事
お車代とは一体何か、いくら渡せば良いのかや、葬儀との違いについて。

お布施袋の種類

お布施はなにに包んで渡せばよいのかわからない人も少なくありません。以下ではお布施袋の種類を解説します。

奉書紙
半紙や中袋にお金を包んで、奉書紙で包む方法です。慶事の上包みのように包みます。お坊さんに不幸があったわけではないため、不祝儀の包み方にする必要はありません。

形式にこだわって、きちんとした形をとりたいという方は、奉書紙で包むのがおすすめです。

無地の白
手軽なのが、無地の白封筒を使う方法です。お布施用の袋を購入するとよいでしょう。中が二重になっている袋は、不幸が重なる印象があるため使わないように注意しましょう。

お坊さんに不幸があったわけではないので水引は必要ありませんが、地域によってはつける習慣もあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

お布施袋の書き方・入れ方

お布施袋は薄い墨ではなく、普通の濃い墨で表書きします。「御布施」又は「お布施」と書きましょう。下段には名前を書きます。○○家という書き方をすることが多いです。

中袋の裏の左側に名前と住所、右側に金額を記入します。金額は中袋の表中央に書くこともあります。そもそも金額を書かない場合もあるため、いつもどうしているか親戚などに確認してみるのもよいでしょう。

注意点としては、数字は大字で書くということがあげられます。以下に対応する文字をまとめています。

一→壱
二→弐
三→参
五→伍
十→拾
百→佰
千→阡
万→萬
円→圓

お布施の正しい入れ方

お布施を入れるときは、お札の肖像画が見える表側を上にして入れることがマナーです。肖像画が最初に出る向きで入れるという点もポイントです。

お布施は、できれば新札で包むようにすることがマナーですが、葬儀のときなど、現実的に新札をそろえることが難しいという場合は、無理に新札にする必要はありません。


お布施についてのまとめ

  • お布施とは、お坊さんに渡す謝礼のことです。
  • お布施の相場は、葬儀などの場合は、20万円~50万円程度、法要の場合は3万円~5万円程度です。
  • お布施は、奉書紙や、無地の白封筒で包むのが普通です。奉書紙の方がより丁寧です。
  • お布施は普通の濃い墨で表書きします。金額を書く場合は、大字を用いて書きます。
  • お布施を入れる際は、慶事と同じく、肖像画が上に見えるように入れます。新札を用意するのがマナーですが、葬儀のときなど、新札の用意が難しい場合は、新札でなくても問題ありません。