閑話休題(かんわきゅうだい)の

「閑話」とは、余計な話、場無駄話を意味する言葉です。「休題」とは、話題を止めることを意味する言葉です。

上記の事から閑話休題とは、半ばどうでもよい余談や無駄話を一旦止めることをあらわす四字です。

閑話休題のシーンでの使い方

ビジネスシーンで閑話休題を口にする事はありませんが、閑話休題のあらわす場面は多くあります。

会議をしていて色々な人が意見を出していくうちに、話題が横に逸れてしまうことがあります。話が本題から逸れすぎたときに、会議を仕切る人が「さて」「それはさておき」など、話を本題に戻そうと一言掛けることなどが閑話休題です。

閑話休題の例文

まあそんなことは閑話休題として、こちらへいらしってめしあがれヨー。
出典:三宅花圃『藪の鶯』
閑話休題。妾宅の台所にてはお妾が心づくしの手料理白魚の雲丹焼が出来上り、それからお取り膳の差しつ押えつ・・・
出典:永井荷風『妾宅』