枯樹生華(こじゅせいか)

枯樹生華とは、困難を抜け出す活路を得る事を意味する四字です。老い衰えた人が生気を取り戻すたとえで、枯れ木に花が咲く様子をあらわしています。

状況が好転する様や、信念や真心が通じ物事が上手く運ぶ様子をさします。同義語には、十死一生、枯木生花、枯木生葉、枯木竜吟、復活、起死回生などがあります。

枯樹生華のビジネスシーンでの

枯樹生華はもともとビジネス用語ではありません。

しかし、ビジネスにおいて会社経営や、営業活動、競合など、状況が思わしくなく行き詰まりをみせるシーンは少なくありません。

枯樹生華は、良案や敏腕を振るう事により、悪い状況を打破するときなどをいいあらわす言葉です。

枯樹生華の例文

新商品の開発が上手くいかず、会社経営が厳しい状況であったが、社員のある発案により枯樹生華となった。
社長は無事に枯樹生華され、ますますビジネスに意欲的になった。
先日のプレゼンテーションは、不手際から厳しい結果が予想されたが、後輩の誠意あるフォローのおかげで枯樹生華に終わった。