灯火可親(とうかかしん)の

灯火可親とは、秋の夜長にろうそくなどの明かりを灯して読書をする事をあらわす四字です。

灯火可親の出典は、唐代の詩人、韓愈の漢詩「符読書城南」です。

 灯火可親のシーンでの使い方

灯火可親は、直接ビジネスに関係する言葉ではありません。

しかし、 灯火可親のように、自分の成長のためにも、読書などで常に勉強を続ける習慣は大切でしょう。

 灯火可親の例文

秋はなんといっても灯火可親。「読書の秋」だね。
ご趣味は読書ですか?いまはまさに、灯火可親の最高の季節ですよね。私も本が好きです。
今日はみなさん、残業無しで早く帰りましよう。ときには家でじっくり灯火可親なんてのもよいですね。