灯火可親(とうかかしん)の意味

灯火可親とは、秋の夜長にろうそくなどの明かりを灯して読書をする事をあらわす四字熟語です。

灯火可親の出典は、唐代の詩人、韓愈の漢詩「符読書城南」です。

 灯火可親のビジネスシーンでの使い方

灯火可親は、直接ビジネスに関係する言葉ではありません。

しかし、 灯火可親のように、自分の成長のためにも、読書などで常に勉強を続ける習慣は大切でしょう。

 灯火可親の例文

秋はなんといっても灯火可親。「読書の秋」だね。
ご趣味は読書ですか?いまはまさに、灯火可親の最高の季節ですよね。私も本が好きです。
今日はみなさん、残業無しで早く帰りましよう。ときには家でじっくり灯火可親なんてのもよいですね。
上司の叱責、顧客折衝、日常におわれていませんか? 副収入が得てみませんか?のような話も世間ではありますが、1番は自分の仕事がいくらの価値なのかを知ることが、ストレスなく仕事に取り組むきっかけになります。 数多ある転職サイトでは自身の平均年収、残業時間を知ることができます。 今、あなたの隣に座っている同僚もスマホで転職活動をしているかもしれませんよ。

とりあえず転職どうしよっかと思っている方はこちらのサイトがおすすめです。下記サイトでは登録まで5分でできるものです。

気軽にタイプ

MIIDAS

キャリトレ

ガッツリサポートタイプ

リクルートエージェント

就職活動中の方はこちら

ギガ就活をみれば就活の口コミをみることができ、面接対策・企業研究をおこなうことができます。

気になる方は1度覗いてみることをおすすめします!

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活