常在戦場(じょうざいせんじょう)の意味

常在戦場とは、いつも戦場にいる気持ちで事に当たる大切さをあらわす四字熟語です。

多くの四字熟語が中国の古典が由来であるのに対して、常在戦場は日本発祥の四字熟語で、長岡藩の牧野氏の家風として伝えられてきたものといわれています。

 常在戦場のビジネスシーンでの使い方

 常在戦場はビジネス用語ではありませんが、ビジネスの場面で大切な心得を意味する言葉です。

ビジネスの世界で戦場を意味する場面は、取引先と相対していたり、上司や同僚を相手に出世の駆け引きをするときなどでしょう。

しかし、こつこつと日報を書いたり、同僚の悩みやグチを聞いたりと、日常のささいなことも会社では大事な仕事であり、自分の成長の糧です。

職場ではどんなことにおいても、戦場にあるのと同じ緊張感で挑むために、常在戦場の心得を念頭に置いておくことが大切です。

 常在戦場の例文

常在戦場というけれど、どんなことも本気になって一生懸命取り組めば、道が開けてくるものですよね。
相手が掃除のおばちゃんだからって、軽く扱うものではないよ。常在戦場。おばちゃんたちのウケがよいってことは、人望があるって評価につながるんだからね。

おすすめ転職サイトご紹介

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

マナラボではおすすめの転職サイト・エージェントを紹介しています。ご興味ある方はいかがでしょうか?

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

気軽にタイプ

ミイダス

それぞれの特徴を申し上げると、とりあえず検討段階の方はミイダスがおすすめです。

ミイダス

MIDASはFacebookを利用した登録で5分程度で完了します。大きな特徴として自分の適性年収をだしてくれることと、年収にあわせて企業からのオファー・スカウトが届くことです。まっているだけで自分を必要としてくれる企業に出会うことができ、スムーズに転職することができます。

また多くのスカウトが届き「必要とされている」ことが実感できると、自分の能力に対して自信をもつことができます。

ミイダス

転職が検討段階、メインではなくサブの転職サイトとして利用するものとして、気軽で煩わしさがなく最適でしょう。

本気の転職で、ガッツリサポートが欲しい場合は下記のサイトがおすすめです。

管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、DODAに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

DODAは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はDODAがおすすめです。また、DODAの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またDODAには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

DODA

DODA平均年収ランキング