常在戦場(じょうざいせんじょう)の

常在戦場とは、いつも戦場にいる気持ちで事に当たる大切さをあらわす四字です。

多くの四字熟語が中国の古典が由来であるのに対して、常在戦場は日本発祥の四字熟語で、長岡藩の牧野氏の家風として伝えられてきたものといわれています。

 常在戦場のビジネスシーンでの使い方

 常在戦場はビジネス用語ではありませんが、ビジネスの場面で大切な心得を意味する言葉です。

ビジネスの世界で戦場を意味する場面は、取引先と相対していたり、や同僚を相手に出世の駆け引きをするときなどでしょう。

しかし、こつこつと日報を書いたり、同僚の悩みやグチを聞いたりと、日常のささいなことも会社では大事な仕事であり、自分の成長の糧です。

職場ではどんなことにおいても、戦場にあるのと同じ緊張感で挑むために、常在戦場の心得を念頭に置いておくことが大切です。

 常在戦場の例文

常在戦場というけれど、どんなことも本気になって一生懸命取り組めば、道が開けてくるものですよね。
相手が掃除のおばちゃんだからって、軽く扱うものではないよ。常在戦場。おばちゃんたちのウケがよいってことは、人望があるって評価につながるんだからね。