人跡未踏(じんせきみとう)の意味

人跡未踏とは、まだ人が足を踏み入れていない土地という意味のです。

よほどの極地でもない限り大抵は人が住んでいたり、誰かが制覇した実績があります。人跡未踏は探検や冒険などで使われることが多い言葉です。

人跡未踏のビジネスシーンでの

人類未踏はビジネスの世界で、今まで誰も成し得なかった実績を上げたり、どこも思いつかなかった新製品を作り出したりした場合に使われることがあります。

偉業を褒めたたえる言葉として使う場合、肯定的なイメージがあるため、事を成し遂げた同僚や部下や上司に対しては遠慮なく使っていくのがよいでしょう。

しかし、人跡未踏だと思われることをするのは危険も多いため、リスクを指摘するときにもつかう事が出来ます。

人類未踏破はポジティブな意味を含む言葉であるため、相手のチャレンジ精神を称えた上でリスクを指摘する事が出来ます。人類未踏破を使うことで、単純な否定よりも受け入れられやすい、いい方で伝えることが出来ます。

人跡未踏の例文

彼は本当に凄い奴だ。ノルマの十倍の成果を一年間も続けて上げ続けている。彼の営業テクニックは人跡未踏のレベルにまで達しているかもな。
企画書を読ませて貰ったが、すれば確かに素晴らしい。しかし我が社や業界にとっては、まさに人跡未踏の地を行くような話だから、チームにはもっとも信頼のおける仲間を選ぶ事が大切だ。