文武百官(ぶんぶひゃっかん)の意味

文武百官とは、内外政を担当する役人と、軍事武芸を担当する役人すべてをあらわす四字熟語です。

文武百官のビジネスシーンでの使い方

文武百官を現在のビジネスシーンで用いる場合は、営業から事務方まですべての社員、とりわけ部課長などの現場責任者などをあらわします。

文武百官は威勢のよい言葉であるため、部下や同僚のやる気を引き出すスピーチなどでつかいます。

しかし、有力な人に助けを要請する際などにも、「我が社の社員もとてもやる気がある。しかし文武百官を見回しても、君をしのぐ逸材はいない。」などといった使い方もできるでしょう。

文武百官の例文

厳しいノルマを課したが、これは決して無茶ではない。我が社の文武百官、営業職、事務職、技術職まで全員の力を結集すれば、きっと達成できる数字だ。
あなたのところの専務さんは本当に素晴らしい。我が社の文武百官を見渡してみても、とても彼には及ぶことは難しいでしょう。