日本は世界に比べて祝日の多い国といわれています。
この記事では、祝日の中でも子どもが主役になる「こどもの日」について詳しく解説します。

こどもの日とはどんな日か、風習や海外のこどもの日についてもみていきます。

こどもの日ってどんな日?

こどもの日とは「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という意味の国民の祝日です。

こどもの日というだけあって、こどものための祝日だと思っている方は多いですが、実は子どもの成長を喜ぶだけでなく、母親への感謝を伝える日でもあります。

ゴールデンウイークを構成しているうちの一日、5月5日がこどもの日です。

こどもの日の風習4つ

力強い子になるよう鯉のぼりをあげる

こどもの日には鯉のぼりをあげる風習があります。

鯉は流れが強くて速い川でも、一生懸命に登っていくことができます。そんな力強い子になってほしいという願いを込め、鯉のぼりを飾ります。

鎧や兜、五月人形を飾る

こどもの日には、鎧や兜、五月人形を飾る風習があります。
鎧や兜は身を守るものです。つまり、様々な災いから子どもを守ってくださいという思いが込められています。

また、五月人形は金太郎がモデルになっています。
金太郎のように子どもが健やかに育ってほしいという思いです。

縁起物である柏餅を食べる

柏の葉は新芽が出るまで落ちません。
その様子から、家系が途絶えないことや子孫が絶えない縁起ものだとされ食べるようになりました。これは江戸時代からある風習といわれています。

しょうぶ湯に入る

武家社会では、尚武と菖蒲をかけてしょうぶ湯につかる風習が生まれました。
菖蒲の葉は匂いがとても強いため、病気や悪いものを追い払ってくれるものとして使われています。

こどもの日はいつ制定されたのか

「こどもの日」が制定されたのは1948年です。
もともとは端午の節句といい、男の子の健やかな成長を願う行事が行われていました。

こどもの日と制定されてからは、すべての子どもの成長を願う日となり、また母親に感謝する日になりました。

海外のこどもの日と5月の祝日

海外にも、こどもの日の時期である5月には祝日があります。

また、海外のこどもの日について解説します。

中国の5月5日

中国の5月5日は「端午節」です。

ちまきを食べたり、南方ではドラゴンボートのレースが開催されて賑わいます。

メキシコのこどもの日

海外にもこどもの健やかな成長を願う日があります。

メキシコのこどもの日は4月30日です。
メキシコでは子どもはとても大切にされていて、愛すべきだという思いがとても強いです。学校は休みにはなりませんが、パーティーが開かれたり、大人からプレゼントを渡してもらう様子が多くみられます。

世界のこどもの日

1925年に子供の福祉世界会議により、6月1日が「国際子供の日」に制定されました。また、1954年には国連総会で11月20日が「世界こどもの日」と制定されました。

これは国際デーのひとつで、子どもたちとの相互理解や福祉を増進させることを目的とした日です。

国によって異なりますが、旧共産圏諸国など世界の多くの国は、6月1日をこどもの日としています。

こどもの日の次の祝日は海の日

こどもの日の次の祝日は、7月16日の「海の日」です。
5月5日から、一か月以上祝日がないので、きちんと休みを管理しないとストレスが溜まってしまうこともあります。

海の日は、明治天皇が7月20日に無事に船旅を終えたことがもとになっています。それ以降、海運や船旅が盛んになりました。

「海洋国家日本の夜明け」とされ、7月の第3月曜日が祝日になりました。
海の日は「海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を祝う」という意味の祝日です。

こどもの日のまとめ

こどもの日はこどもの今後の健やかな成長を願う日であり、ここまで育ててくれた母親へ感謝の気持ちを伝える日でもあります。
こどもの日にはイベントをやる観光地もたくさんあるため、家族旅行を計画する際にイベントを探すのもおすすめです。
日本だけでなく、海外でもこどもという存在はとても大切に思われています。