日本にはが多くありますが、普段から祝日を意識している人は少ないでしょう。
今月は休める日があるかなと気にする人はいても、どういったの祝日があるかを気にしている人はあまりいません。

この記事では、そんな祝日のひとつ「みどりの日」について詳しく解説します。日本だけでなく、とも照らし合わせてまとめています。

みどりの日ってどんな日?

みどりの日はゴールデンウイークに含まれている祝日です。
「自然にしたしむとともにその恩恵にし、豊かな心をはぐくむ」という意味が含まれています。

国民の多くは自然を楽しむというよりより、大型連休を楽しんでる場合がほとんどですが、みどりの日に特別何かする風習は特にありません。

しかし、みどりの日には公営の施設が無料になることがあります。
より多くの人に自然と触れ合いを持って欲しいという狙いから、動物園や水族館、植物園、公園が無料開放されるのです。

ちょうどゴールデンウイークですので、お子さんのいる家族は、住んでいる場所の近くや旅行先に無料開放される場所がないか調べておくのもおすすめです。

みどりの日は日付が変わっためずらしい祝日

みどりの日は日付が変更された祝日です。
もともと1948年4月29日は昭和天皇の誕生日なので「天皇誕生日」とされていました。天皇誕生日は国民の祝日です。

1989年に今上天皇即位により天皇誕生日は12月23日に変更になりました。
それにより、今まで祝日だった4月29日は普通の日に戻ってしまいます。しかし、ゴールデンウイークという大型連休に含まれるので国民生活に負担をかけてしまうと判断され「みどりの日」が誕生しました。

昭和天皇が自然をこよなく愛していたことから「みどりの日」とされたそうです。

そして、2005年の祝日法改正により、2007年以降はみどりの日を国民の休日であった5月4日にし、4月29日は「昭和の日」となりました。

また、昭和の日が制定されたのは激動の日々を乗り越えて発展した昭和時代を忘れないためとされています。

海外にも同時期に祝日がある

海外の5月にも祝日はあるのか、2018年のアメリカと中国の5月をみながら解説します。

アメリカは教師に感謝を込める日がある

5月1日は「Teacher’s Day」といって、アメリカでは教師に感謝を込める日です。主に、手紙やプレゼントを贈ります。

また、5月13日の「Mother’s Day」は日本でも馴染みのある日です。

5月28日にも祝日があり、「Memorial Day」といいます。戦争で亡くなった軍人を追悼する日です。

中国にも3連休がある

中国では、5月1日は「労働節」という祝日です。
4月29日から5月1日まで3連休で、中国の方は各々休暇を楽しみます。

みどりの日の次の祝日は翌日「こどもの日」

みどりの日の次の祝日は、翌日の5月5日です。祝日として馴染みの深い「こどもの日」です。

母親に感謝をする日という主旨もあり、こどもの幸福を願って、健やかに育ててくれた母に感謝する祝日です。

そして、この5月の祝日が終わると、次は7月まで祝日がありません。
5月病という言葉ができてしまう原因ともされています。

「こどもの日」についてまとめた記事はこちら
こどもの日ってなに? 歴史や風習 海外のこどもの日についても解説

みどりの日についてのまとめ

日付が変わった祝日というのは珍しく、間違って覚えてしまいやすいです。みどりの日は4月から5月に変更された祝日だと覚えておくといいでしょう。
みどりの日ができてから歴史は浅いため、歴史の流れとともに覚えておくと間違えずにいられます。