欠席裁判(けっせきさいばん)の

欠席裁判は、その場にいない人にとって不利になる事柄を決めたり、批判したりすることを意味する裁判です。

事件の当事者や、代理人が法廷に出廷しないまま審理、裁判が行われると、出席した側の主張だけが通り、欠席側に不利な判決が下されてしまう事をいいます。現在の法律では原則認められていません。

欠席裁判の同義語には、「欠席判決」があります。

欠席裁判のビジネスシーンでの

欠席裁判はビジネス用語ではなく、裁判用語です。

しかし、裁判に関することのほかにも、普段日常的に用いられることの多い言葉でしょう。悪いイメージで用いられることが多く、特に仕事やPTAなどで役割を決める際などで使用されます。

役員決めの会議において、参加した人々が役員になることを回避するために、その場にいない人を役員に仕立て上げてしまうことなどをさします。

欠席裁判の例文

クラス会で委員長を決めることになったが、誰も立候補者がいなかった。議論が進まないため、その場にいない鈴木さんに欠席裁判で委員長になってもらうことにした。
欠席裁判をされたのか、僕の仕事が多く割り当てられてしまった。