に言われてをするということはよくあります。そこで気になるのが、休日手当ては支給されるのかということです。本来休めるはずの日に出勤するため、見返りを求めるのは自然な心理です。

そのためには、まず休日というものについて知る必要があります。実は、休日には様々な規定があることをご存知でしょうか。休みの日という認識くらいしかないのが普通かもしれません。

ここでは休日出勤に関係する、休日の基礎知識などを解説していきます。休日について知ることで休日出勤に対する考え方も変化するでしょう。

休日と休暇の違い

休日も休暇も文字が違うだけで同じ意味じゃないの?と思う人が多いでしょう。実は全く意味が異なります。休日と休暇の違いは以下のようになります。

・休日:出勤義務がない、会社のカレンダー上休みとなっている日のこと。
・休暇:本来は出勤義務がある日だが、労働者からの申請で休むことができる日のこと。

最初から休みなのが休日、休日ではないけれども有給や育休などで休むことができるのが休暇というイメージです。似ているようで全く違うので注意が必要です。

法定休日労働と法定外休日労働の違い

休日出勤には、実は2種類あることをご存知ですか。その2種類とは、法定休日労働と法定外休日労働のことをさします。ここでは法定休日労働と法定外休日労働の違いについてご説明します。

そもそも休日には法定休日と法定外休日があります。

法定休日とは何か

法定休日とは、労働基準法第35条で規定された休日のことです。労働基準法では、会社は労働者に対して週に1日、または4週に4日の休日を与えることを義務づけています。

この、労働基準法で定められた休日のことを、法定休日といいます。法で定められているから法定というわけです。

法定外休日とは何か

法定外休日は、法定休日以外の休日のことをさします。

例えば、週休2日制の会社の場合、片方の休日は法定休日ですが、もう片方の休日は法定外休日となります。

よって、法定休日労働とは、労働基準法で定められた法定休日に出勤することをさします。対して法定外休日労働は、法定休日ではない休日に出勤して働くことをさします。

法定休日は会社によって違う

休日のうち、どの日が法定休日なのか気になりますが、それは会社の規則によります。会社がこの曜日が法定休日と決めていれば、その日が法定休日になります。

ややこしいのが会社が法定休日がいつなのか決めていない場合ですが、その場合は以下のように場合分けできます。

週休二日の場合

・休日両方とも出勤した場合→一週間(日~土)の後ろの休日が法定休日。土日が本来の休日なら、土曜日が法定休日扱いになるというわけです。

・休日片方だけ出勤した場合→出勤しなかった方の休日を法定休日だと解釈します。土曜日に出勤したなら日曜日を法定休日とみなします。

休日出勤と法定休日と法定外休日の関係性

法定休日に出勤するのが法定休日労働、法定外休日に出勤するのが法定外休日労働であるということはわかりました。では、その違いが労働者にどのように影響するか気になります。

一見、大差がないようにも見えますが、実は大きな違いがあるのです。

法定休日に出勤し労働した場合、会社は規定の三割五分の割増賃金を支払うように法で定められています。手当てが出る休日出勤は法定休日労働のことをさすわけです。

ところが、法定外休日に出勤し労働した場合は、この三割五分の割増賃金が発生しません。

法定外休日の場合は、1週間の労働時間を足して、法定外休日に休日出勤したことによって労働時間が週に40時間を越える場合に限って二割五分の割増賃金が発生します。労働時間が週に40時間未満の場合は、割増賃金が発生しません。

休日が法定休日なのか法定外休日なのかでが大きく変わることがわかります。労働者にとって、三割五分の割増賃金があるかないかは、無視できるものではありません。

会社の規則を確認して法定休日をいつに定めているのか知っておくことをおすすめします。

法定休日に働いているのに休日出勤にならない場合

法定休日に出勤していても、休日出勤としてカウントされないというケースがあります。その場合、三割五分の割増賃金が適用されず、規定そのままの賃金が支払われることになります。

ではどういったケースで割増賃金が適用されないのか気になります。そのケースとは、振替休日です。

振替休日は事前に労働する日を休日と交換すること

振替休日とは、事前に労働する日と休日を交換することをさします。

あらかじめ休日と労働した日を交換しているため、法定休日に働いたとはみなされず、割増賃金が出ることはありません。事前にという点がポイントです。

代休は休日出勤の後に他の労働日と休日を交換すること

振替休日と似たような制度として、代休があります。これは、休日出勤をした後に、他の労働日と休日を交換することです。

事前に交換するか後で交換するかの違いしかないため、振替休日とほとんど同じように思えますが、大きな違いがあります。

代休の場合は、振替休日と異なり、割増賃金が適用されます。休日出勤をしたとみなされるのです。後で休ませても、休日出勤は休日出勤というわけです。振替休日と代休は似てますが全く違うものです。

休日出勤に関するおさらい

休日出勤に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 休日は最初から休みだと定められている日で、休暇は本来出勤する日に労働者が申請することで休める日のことをさす
  • 休日には法で定められた法定休日と、それ以外の法定外休日がある、法定休日労働は三割五分の割増賃金が発生する
  • 法定外休日労働は、週の労働時間が40時間を越えている場合に限り二割五分の割増賃金が発生する
  • 事前に休日と労働日を交換することを振替休日という、振替休日では法定休日に出勤しても割増賃金は発生しない
  • 休日出勤をした後で休日と労働日を交換することを代休という、法定休日に出勤していた場合、三割五分の割増賃金が発生する