電話をするとき、多くの人が「もしもし」という言葉を使います。しかし、「もしもし」の正しい意味について知っている人は多くないでしょう。

ここでは「もしもし」という言葉の意味や、ビジネスシーンで使う「もしもし」の代わりの言葉や使う際の注意点を解説します。

そもそももしもしとはなにか?

もしもしは申し、申すが語源の言葉です。

明治時代以前では単語で使われていましたが、電話が普及して以降、昔の電話は聞き取りにくかったため、電話の交換手が「申し。申し。」「申します。申します。」と二度繰り返したことから「もしもし」にかたちが変わっていきました。

もしもしの以前の言葉

もしもしが使われるようになる前は「おいおい」「こらこら」という言葉が使われていました。

現代では「おいおい、○○だが。」という言葉は偉そうに聞こえますが、当時は普通の言葉でした。

電話を持っているのは社会的地位の高い人たちだった事が理由としてあげられます。

もしもしはビジネスでは使わない

「もしもし」はビジネスシーンでは使いません。「もしもし」はカジュアルないい方の言葉であるため、ビジネスシーンでは代わりとなる言葉を使います。

ビジネシーンでで電話をとったときの言葉

ビジネスシーンでの電話対応の際、もしもしは使いません。電話を取ったときは「はい、○○会社でございます。」といいます。

もしもしをビジネスシーンで使うのは一般的にマナー違反になるということを覚えておきましょう。

声が聞き取りにくい場合ときは「お電話が遠いようです。」という

ビジネスでは、電話の相手の声が聞こえにくいときに「もしもし?」とはいわず、「恐れ入りますが」と切り出し、「お電話が遠いようです。」と伝えるとよいでしょう。

「もしもし」だけでなく、声が聞こえにくいと伝えるのも失礼になってしまいます。電話が聞こえにくいのがお客様のせいだといっているためです。

もしもし検定とはなにか

もしもし検定とは、電話応対技能検定とも呼ばれる電話対応の講座です。ビジネスマナーや言葉遣い、コミュニケーションスキルの養成もしてくれます。

4級から1級まであり、電話の応対能力やビジネスマナーの向上をしたいと考える方が持っておきたい資格試験でしょう。

もしもし検定を受けることは電話対応のスキルがアップするだけでなく、社会人として身につけておきたいマナーを学ぶことができるので誰にでもおすすめできる検定です。