セオリーの一般的な意味とは

セオリーは理論や学説、持論または自説という意味があります。

理論であれば、あることを行うときに、このようにすることが普通または常套手段というときに使われます。持論であれば、自分が持っている理論になります。学説であれば、一つの事柄に関して多くの研究からまとめられた、その仮説や考え方を表すときに使われます。自説であれば、自分が行った研究の成果から自分が組み立てた仮説や考え方になります。要は大多数の人が持っている行動パターンや考え方ということになります。

セオリーのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンでは案件の内容やさまざまな状況などが関わります。その中で必ずこのように対応すると、仕事を間違いなく行うことができるというマニュアルとしての意味を持ちます。つまりビジネスシーンでは大多数の人が行っている方法がセオリーなのです。

セオリーの使い方と例文

顧客向けパンフレットの会社特徴のページでの項目

我が社は長年の経験から培われたセオリーを第一に考え、取り組んでおります。

ここでのセオリーは会社が起業してから、その会社の沿革で実績経験などから得られた、他社には譲れない企業理念や技術等を指しています。

 

関連するおすすめ記事

ビジネス用語・カタカナ語 一覧まとめ
 

プランナーへの転職も、ブライダルから異業種への転職も、求人案件多数
「ブライダル特化の転職サービス 」リクシィキャリア