九夏三伏の意味

九夏三伏(きゅうかさんぷく)と読む、真夏のもっとも暑い時期のことをさし示す言葉です。語源・由来としては、「九夏」は夏の季節の九十日間ことをいいます。

「三伏」は初伏、中伏、末伏のことで、それぞれ、夏至以降の三度目の庚の日を初伏、四度目の庚の日を中伏、立秋の後の最初の庚の日を末伏というものです。

最も端的な意味では、「真夏」をさします。また、「夏の最も暑いころのこと」の意味でも使用します。

「九夏」は「九旬の夏」の意味であり、真夏の九十日間の事をさし示しています。夏の期間いっぱい、全般をさすことにも使用されるでしょう。「三伏」は初伏(夏至げしの後の三回目の庚かのえの日)、中伏(四回目の庚の日)、末伏(立秋後の初めての庚の日)のことをそれぞれあらわしています。

九夏三伏は夏の最も暑い時期のことを表現する際に使用されます。

九夏三伏の例文と使い方

九夏三伏、暑い日々が続いているのに、カレーの鍋を流しに置きっぱなしにしていたら、ねばねばとしたジェルのようになっていた。
カモメの声が海空に響き渡り、ひまわりの草木の生い茂り、蝉たちも元気に鳴いていて、九夏三伏という言葉のように、今日は夏真っ盛りだ。