痛快無比の歴史と概要

痛快無比(つうかいむひ)の意味とは、比べものにならないほど、並外れて気持ちのよいことや、楽しい気持ち。また、愉快になることです。

上記の事から痛快無比とは、胸がすっとして爽快な様子を意味します。

同義語としては、舞い上る、満足感、極楽、幸福感、醍醐味、えもいわれない、ハイテンション、悦楽、極上気分、眼福などがあります。

痛快無比のビジネスシーンでの意味

痛快無比という言葉は、もともとビジネス用語ではありません。

しかし、ビジネスにおいて、楽しい気持ちや、爽快な気分、満足感をえるシーンを経験する事は、仕事への意欲ややり甲斐につながる大切な要素となってきます。

例えば、プロジェクトや営業活動などを時間を掛けて熱心に、かつ精力的に努力した過程が、結果として大成功に終わったり、契約成立などの成果につながったりすれば、大きな喜びとなって、爽快で楽しい気分になるでしょう。

そういった事からも、痛快無比はビジネスシーンにおいて、意欲的に仕事を取り組む上での励みになるといえるでしょう。気持ちを明るくして幸福感を持つことは、大変大切な要素だといえます。

痛快無比の使い方と例文

大きなプロジェクトを無事に終えて、成果が評価された彼は、しばらく痛快無比な時間を過ごした。
ビジネスにおいて、痛快無比な歳月は、そうそう長くは続かないものである。
痛快無比な生き方をしている人は、充実した毎日を過ごしているに違いない。