一子相伝(いっしそうでん)の意味

一子相伝(いっしそうでん)の意味は学問・技芸などの奥義・秘法を自分の子の中の一人だけに伝え他の子に教えないという意味です。自分の子供に受け継いでいく家業の技術や知識であったり伝統芸能の芸を親から子へ引き継がれる時に使われます。

ビジネスシーンで使う場合には重要な技術や知識を受け継いでもらうという例えとして一子相伝を使用することができるでしょう。

「これから一子相伝の技術を身につけてもらう。」という使い方であればそこの職場で唯一無二の技術をあなただけに身につけてもらうということです。

それだけ重要な技術で重要な役割であるということを強調しています。

1人にだけ受け継がれるという意味なので他の人には真似ができない特別な技術や知識であるということを強く表したい時にも多様される四字熟語です。

一子相伝の例文

この技術は一子相伝の技術なので他の方には教えられません。
わたしは日本古来からの一子相伝の技を引き継いでいます。
子供の頃から一子相伝の奥義に憧れていつか父から引き継ぐことができるように鍛練に明け暮れてきた日々でした。