スキームの一般的な意味とは

スキーム(scheme)は、「枠組みを持った計画」という意味のギリシア語を語源とする英語です。辞書上の一般的な意味で言うと、「計画」「仕組み」「体系」「構成」などが挙げられますが、「企て」や「陰謀」といった意味もあります。

スキームのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンでのスキームとは、「計画」や「枠組み」といった意味が強くなり、「計画を伴う枠組み」もしくは「枠組みを持つ計画」といった意味で使われます。また、この「計画」は単発的、短期的な計画という意味より、長く継続していくというイメージも伴って使われています。
たとえば、「計画」というと「プラン」もビジネスシーンではよく使いますが、スキームと比ると単なるアイデアや考えといった意味が強い場合に使われます。
また、「枠組み」というと「フレーム」といった言葉もよく使われますが、フレームが「仕組み」や「規則」といった意味に対し、スキームは「持続的に続ける計画」といった意味になります。

スキームの使い方と例文

たとえば「事業スキーム」といった場合です。簡単に言うと「事業計画」ということになりますが、目的を達成するための仕組みが体系的に整っている場合にこのスキームが使われます。その他、「評価スキーム」「企業再生スキーム」「賠償スキーム」といった使われ方をします。
また、上記のような他の言葉と組み合わせで使うのではなく、単独で使われる場合もあります。
「この案件についてスキームをまとめておいてほしい」「早めのスキーム作成が要求されます」などのように使います。

関連するおすすめ記事

ビジネス用語・カタカナ語 一覧まとめ
リストラクチャリングとは

プランナーへの転職も、ブライダルから異業種への転職も、求人案件多数
「ブライダル特化の転職サービス 」リクシィキャリア