オフィスではパソコンでの作業が多くなり、今ではあまり郵便の封筒に手書きで宛名や住所を書くことが少なくなっています。

それでも、大切な郵便だけは手書きする場合もありますが、あまり機会のない郵便の書き方に悩むこともあるでしょう。

ここでは、郵便の封筒の書き方、和封筒・縦書きの書き方、敬称のつけ方、封書の裏書などについて解説します。

マナーに沿った間違いのない郵便の書き方ができます。

郵便の封筒の書き方

郵便を受け取ったときに初めに目に入るのは、封筒の表書と裏書でしょう。表書・裏書によって、郵便の印象が左右されます。

大切な郵便の場合には、宛先を手書きにすることもあるでしょう。

特に、相手の名前は、間違いがなく丁寧な文字で書くように心がけましょう。

和封筒・縦書きの書き方

普段は縦書きをすることがないため、封筒では全体のバランスがとれているように書くのも一苦労でしょう。

ここでは、ビジネスシーンでの宛先の縦書きのポイントをご紹介します。まずは、切手を不足がないように、左上にまっすぐに貼ります。

住所は郵便番号右端に揃えて書く

郵便番号は、一般的には枠がプリントされているため、その中に収まるように書きます。枠がない場合には、枠がある位置に横書きに書き入れましょう。

次に、住所を一番右端に書きます。

郵便番号の左端にそろえた位置、郵便番号枠から一文字分下げたところから、住所を書き出します

縦書きの場合には、数字は漢数字で書きます。また、ビル名や階数は略さないで書くようにしましょう。

和封筒・縦書きの会社名と部署名の書き方

ビジネスでは、宛名に会社名や部署名を書き加えることがあります。

宛名が中央にくるため、宛名の右側、かつ右側にある住所からある程度余白をあけて会社名を書きます。

会社名は住所の書き出し一文字分下げた位置から、住所の文字よりも小さめの文字で書きましょう。

宛先の会社名は正式な会社名を書き、株式会社を(株)と略さないようにします。

続いて部署名を書くなら、改行して会社名の書き出しから一文字下げて部署名を書き出します。

名刺を見ながら、間違いがないように気をつけて書きましょう。

和封筒・縦書きの肩書と宛名の書き方

肩書と宛名は、2つの書き方があります。

肩書が5文字以内なら、宛名の上に書きます。肩書は、住所の2文字目の高さ、かつ会社名の1文字目の高さに揃えて、勝社名と同じ小さめの文字で書きます。宛名は、肩書から1文字分余白をとって、住所や肩書の文字の大きさよりも大きめの文字でしっかりと書きましょう。敬称の「様」を忘れずに書き添えます。

5文字以上の長い肩書なら、部署名と宛名の間に書きます。肩書は、部署名から一文字上、かつ会社名と揃えた高さで書き出しましょう。肩書を書き終えたら、宛名は改行して、部署名の2文字目の高さから書きます。

いずれの場合でも、宛名が中央、目安としてはプリントされた郵便番号枠の最初の3つの下の位置にくるように書くと、バランスがよくおさまります。

和封筒の左下には〇〇在中の文字を入れる

大切な書類の場合には、受け取った側が中身を一目でわかるように、封筒の左下に内容物を書くことがあります。就職活動の際には、「履歴書在中」とわかりやすい赤字で書いたことでしょう。

ビジネスの場合には、「請求書在中」「領収書在中」「見積書在中」などがよく使われます。

上記は「履歴書在中」とは違い、赤字で書くことはほとんどありません。会社経営では赤い文字は、赤字を連想させるからでしょう。黒、または青などで書くようにします。市販されている「請求書在中」などのスタンプは、ほとんどが青でしょう。

「在中」をつけるような大切な書類を郵送する時には、折り目がつかない定型外の封筒を使うのがマナーです。さらに、書類が濡れたり汚れたりしないようにクリアファイルに入れて封をするのがおすすめです。

和封筒での敬称の付け方

先の説明では、会社名・部署名・個人名の宛先の書き方としました。

宛名には「様」をつけましたは、〇〇課〇〇課長とするときには、課長に「様」はつけません。また宛名がわからない場合には、「営業部ご担当者様」や「営業部課長」などとします。

会社や部署に宛てる場合には、「御中」を使います。正式な会社名や部署名で書くようにしましょう。

「御中」と「様」は併用しないようにします。

封筒の裏書の書き方

はがきの場合は表書に差出人も書きますが、封書では裏に差出人などを書き、裏書といいます。

大切な郵便の場合には、封をしたところに未開封を意味する封字を書きます。「〆」または「封」と書きましょう。「〆」のかわりに「×」を使うのは、マナー違反とされています。お祝いごとに関する郵便なら、封字には「寿」や「賀」の字を使ってもよいでしょう。

必要に応じ、裏書には封をした日、封かん日を書くこともできます。封をした左側に、小さく漢数字で縦書きに封をした日付を書くことがあります。

ビジネスシーンの大切な書類の封筒では、「緘」(かん)の文字で封をすることもあります。「〆」や「封」よりも差出人本人が封を閉じたということを伝える封字で、より重みのある封字でしょう。

裏書の差出人は、小さめの文字で中央に書く方法と左下に書く方法があり、どちらでもマナーにあっています。中央に書く場合には、封筒のセンターラインの右側に住所、左側に名前がくるように書きます。左側に寄せて書く場合には、封筒のセンターラインの左側から住所を書き出しましょう。

表書きに準じて、名前と住所・会社名・部署名などの全体のバランスをとりましょう。

差出人の名前などいずれも、表書きよりも小さな文字になるように書くのもマナーです。可能であれば、住所の最後と名前の最後の文字の下をそろえて書くと、より美しい印象になります。自分の名前を表書きの書き方よりも下げて書いて問題はありません。

郵便の封筒の書き方についてのまとめ

  • 郵便を受け取った時に初めに目に入るのは、封筒の表書きでしょう。表書きによって、郵便の印象が左右されます。普段は縦書きをすることがないので、封筒では全体のバランスがとれているように書くのも一苦労でしょう。
  • まず、郵便番号は、一般的には枠がプリントされているので、その中に収まるように書きます。次に、郵便番号の左端にそろえた位置、郵便番号枠から一文字分下げたところから、住所を書き出しましょう。縦書きの場合には、数字は漢数字で書きます。また、ビル名や階数は略さないで書くようにしましょう。
  • 宛名に会社名や部署名を書くには、住所からある程度余白をあけて会社名を書きます。会社名は、住所の書き出し一文字分下げた位置から、住所の文字よりも小さめの文字で書きましょう。部署名を書くなら、改行して会社名の書き出しから一文字下げて部署名を書き出します。
  • 肩書が5文字以内なら、宛名の上に書きます。5文字以上の長い肩書なら、部署名と宛名の間に書きます。肩書は、部署名から一文字上、かつ会社名と揃えた高さで書き出しましょう。
  • 大切な書類で受け取った側が中身を一目でわかるように、封筒の左下に内容物を書くことがあります。ビジネスの場合には、「請求書在中」、「領収書在中」、「見積書在中」などがよく使われ、黒、または青などで書くようにします。
  • 敬称の付け方の注意点は、〇〇課〇〇課長とする時には、課長に「様」はつけません。会社や部署に宛てる場合には、「御中」を使います。「御中」と「様」は併用しないようにします。
  • 封筒の裏書にも、気を配りましょう。大切な郵便の場合には、「〆」または「封」、お祝いごとに関する郵便なら、封字には「寿」や「賀」の字を使います。封かん日を書くこと時には、左側に小さく漢数字で縦書きに書きます。ビジネスシーンの大切な書類の封筒では、「緘」(かん)の文字で封をすることもあります。
  • 裏書の差出人は、小さめの文字で中央に書く方法と左下に書く方法があります。表書きに準じて差出人の名前や住所を、表書きよりも小さな文字で書きましょう。
上司の叱責、顧客折衝、日常におわれていませんか? 副収入が得てみませんか?のような話も世間ではありますが、1番は自分の仕事がいくらの価値なのかを知ることが、ストレスなく仕事に取り組むきっかけになります。 数多ある転職サイトでは自身の平均年収、残業時間を知ることができます。 今、あなたの隣に座っている同僚もスマホで転職活動をしているかもしれませんよ。

とりあえず転職どうしよっかと思っている方はこちらのサイトがおすすめです。下記サイトでは登録まで5分でできるものです。

気軽にタイプ

MIIDAS

キャリトレ

就職活動中の方はこちら

ギガ就活をみれば就活の口コミをみることができ、面接対策・企業研究をおこなうことができます。

気になる方は1度覗いてみることをおすすめします!

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活