人の死にかかわる儀式には、通夜や葬式だけでなくさまざまなものがあります。それぞれがどのようなものか、しっかりとおさえておきたいものです。

今回はそのなかでも初盆(新盆)について解説します。

初盆(新盆)とはいつのことか

初盆(新盆)とは、亡くなったあと、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆のことです。亡くなって四十九日以内にお盆がくる場合は、その次の年のお盆が初盆(新盆)となります。

亡くなってから初めてのお盆なので、とくに丁寧に供養をします。

地域によって、初盆(はつぼん、ういぼん)と呼ばれたり、新盆(にいぼん、しんぼん、あらぼん)と呼ばれたりすることがあるようです。

そもそもお盆はなにをするのか

お盆とは、一般的に8月13日〜15日のことですが、東京や横浜市の一部等では7月13日〜15日をさすこともあるようです。

お盆には先祖の霊が帰ってくるといわれています。そのため、墓参りをしたり、自宅では、先祖の霊をお迎えするためにお供えや提灯を用意したりするんですね。

初盆(新盆)ですること

初盆(新盆)でするべきことを以下では具体的に解説していきます。

3日にはお墓参りをし、迎え火を焚く

13日には霊をお迎えします。

日中にはお墓参りをして、お墓をきれいにしておきます。夕方、玄関前などで「迎え火」をたき、盆提灯に火を灯して先祖の霊をお迎えします。

霊が帰ってきている間は、火を絶やさないようにし、お供えものや水などは毎日交換するようにしましょう。

14日から15日の間には僧侶を招き法要をおこなう

14日から15日のあいだには、遺族揃って墓参りをしたり、親族や故人と親しかった知人を呼び、僧侶を招いて法要を行ったりします。法要のあとは会食を行うこともあるようです。

なお、法要の際には、僧侶にお布施をお渡しします。金額は地域などによっても異なりますので、確認しておいたほうがよいでしょう。

また、初盆のお返しは、いただいたときにお返しできるとよいです。その場でお返しできなかった場合は、後日すみやかにお返しの品物を送るようにしましょう。

16日には送り火を焚く

16日には、「迎え火」をたいた場所と同じ場所で、「送り火」をたき、霊を送り出します。地域によっては、15日に送り火をたくところあります。

「お盆の最後」に送り出すのか、「お盆があけて」から送り出すのか、という違いでしょう。

初盆(新盆)のためになにを準備すればよいのか

まずは、13日に霊をお迎えするまえに、精霊棚、精霊馬・精霊牛、盆提灯、白提灯、お供えもの、お花などを用意します。

精霊棚とは、先祖の霊をお迎えする場所のことです。精霊棚は盆棚とも呼ばれます。真菰で作られたゴザを敷き、その上に仏壇にある位牌と花たて・香炉・燭台などを置きます。さらに棚の四隅には青竹をたて、青竹の上部にしめ縄をはります。

お盆の間は先祖の霊は精霊棚に帰ってくるので、仏壇の扉は閉めておきましょう。

精霊馬とはなにか

精霊馬とは、先祖の霊があの世とこの世を行き来するときの乗り物です。ナスやキュウリに割り箸などで足をつけ、馬や牛に見立てたものになります。

馬に乗って早く霊に帰ってきてほしい、牛にのってゆっくりとあの世へ戻ってほしい、とされているところもあれば、牛に乗ってもらってゆっくり丁寧にお迎えしたい、ぎりぎりまで家にいて馬に乗って急いであの世へ戻ってほしい、とする地域もあるようです。

また、地域によっては、16日につくったり、馬と牛を別の日につくったりするようです。「今年も無事に作物が実りました」という感謝の気持ちを伝えることから、沖縄では、キュウリやナスではなく、バナナやサトウキビでつくられるようです。

盆提灯精霊棚の前に飾る提灯のこと

盆提灯とは、精霊棚の前に飾る提灯のことです。盆提灯は親戚や故人と親しかったかたが贈るという習わしがあるところもあります。

白提灯とは、初めてあの世から家に帰ってくる故人の霊が迷わないように玄関などに飾る白い提灯のことです。白提灯は送り火と一緒に燃やすか、お寺に持っていき、処分してもらいます。

初盆(新盆)に用意するべきお供え物

お供えものは、団子が一般的です。13日には「お迎え団子」として白い団子やあんこ、甘辛たれの団子を、14日〜15日には「おちつき団子・お供え団子」として白い団子を、16日には「送り団子」として白い団子をお供えしましょう。

ほかにも季節の果物や故人が好きだったものを並べておくところもあります。その場合は、帰ってきた故人がすぐに食べられるよう、果物は皮をむいておいたり、お菓子は箱から出しておいたりしましょう。

お花は、トゲのある花、香りの強い花、毒のある花、つる性の花はお供えにふさわしくない、とされるのが一般的のようです。また、花のもとからぼとっと落ちる椿や暗い印象をあたえる黒い花も避けたほうがよいでしょう。

ほかにも、お供え膳といって食事をお供えします。食事は、精進料理にしましょう。精進料理は、肉や魚を使用せず、野菜や豆を中心に使います。

献立は「一汁五菜」といわれます。ごはんと漬物は、一汁五菜に数えられませんので、ごはんとつけもの、汁物、おかず5品用意します。

にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら、らっきょうは精進料理に使ってはいけないと決まっています。使わないように気をつけましょう。

初盆(新盆)に関するおさらい

初盆(新盆)に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 初盆(新盆)とは、亡くなったあと四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆のこと
  • 初盆(新盆)は、亡くなったかたはあの世へ行ってから初めて家に戻ってくることになる
  • 法要を行うなど、通常のお盆に比べて特別なことをする必要がある
  • お供えものには団子、果物、お花、お供え膳などといったものを用意する