怒髪衝天(どはつしょうてん)の意味とは

怒髪衝天とは、髪の毛が逆立つほどの強い怒りのことです。怒髪とは怒りで髪の毛が逆立つこと、衝天とは天に向かってつきあがることです。

あまりに怒り過ぎると毛が逆立つような感覚を覚えますが、その感覚に似ています。中国春秋時代の故事に出てくる、人が怒りを抱いた時に使える表現です。怒髪天を衝く、とも呼びます。

同義語に「怒髪指冠」があります。

怒髪衝天のビジネスシーンでの意味

怒髪衝天にはビジネスシーン特有の意味がありませんので、通常の用法と同様「髪の毛が逆立つほどの怒り」という意味で使えます。

どれだけ穏やかな人でもビジネスでの失敗や、やる気のない後輩、上司からの理不尽な要求などといったストレスが絶えません。

特に日本人のビジネスマン、ビジネスウーマンは限界まで怒りやストレスを溜めてしまう傾向があるので、ストレスにさらされ続けていつか怒りが爆発してしまうことがあるかもしれません。そういった時に周りも見えなくなるほどの激しい怒りこそ「怒髪衝天の怒り」と言うことができます。

怒髪衝天の使い方と例文

「彼が昨日見せた怒髪衝天の怒りは、これまで彼が見せたどの表情よりも恐ろしいものだった」
「普段ほとんど表情を外に出さない大人しい彼があんな怒髪衝天して怒りを表すなんて、昨日後輩から一体何を言われたんだろう」