籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)の意味とは

籠鳥檻猿とは、自由を奪われて、思い通りに生きることができない境遇にいることを表しています。

籠に閉じ込められた鳥のように、檻に閉じ込められた猿のようにという意味です。同義語には自縄自縛があります。

籠鳥檻猿のビジネスシーンでの使い方

社会人になると、それまでとは比べ物にならないほど、自分の時間というものを持てなくなってしまいます。また、会社の中でも、組織の一員として所属しているため、自分勝手に契約を進めたり、物事を決めたりすることはなかなか難しいです。

どうしても上司の許可だったり承認が必要になってきます。そのため、ビジネスシーンではあまり、前向きなイメージで使うことはないでしょう。

昇進していって、ある程度、指示を出す側の人間になっていけば、この籠鳥檻猿の状況から少し解放されるはずです。

籠鳥檻猿の使い方と例文

私は子供のころ、親がきびしかったです。門限は20歳になってもありました。まるで、籠鳥檻猿状態でした。
結婚式は盛大にあげたいが、お金がないので、籠鳥檻猿な結婚式になってしまいそうだ。
こちらもポジティブな表現では使わないようです。
上司の叱責、顧客折衝、日常におわれていませんか? 副収入が得てみませんか?のような話も世間ではありますが、1番は自分の仕事がいくらの価値なのかを知ることが、ストレスなく仕事に取り組むきっかけになります。 数多ある転職サイトでは自身の平均年収、残業時間を知ることができます。 今、あなたの隣に座っている同僚もスマホで転職活動をしているかもしれませんよ。

とりあえず転職どうしよっかと思っている方はこちらのサイトがおすすめです。下記サイトでは登録まで5分でできるものです。

気軽にタイプ

MIIDAS

キャリトレ

就職活動中の方はこちら

ギガ就活をみれば就活の口コミをみることができ、面接対策・企業研究をおこなうことができます。

気になる方は1度覗いてみることをおすすめします!

>>就活の口コミ・体験談 ギガ就活