マナラボ
上司 診断

新年度が始まって新入社員も入り、これから部下が増えるという人も多いと思われます。多くの方は「よい上司」でありたいと思っていることでしょう。

しかし、上司への愚痴をいう人が絶えないように、実際、上司として自分の行いがよいことなのか悪いことなのか知ることは簡単ではありません。

この診断を生かしてご自身の牽引力を見直し、部下を上手に引っ張っていける上司を目指しましょう。

以下に場面ごとの選択肢を三問用意しました。いつもの自分の行動と照らし合わせて直感で選んでいってください。

 

Q1. あなたは今、部下に仕事を振ろうとしている。しかしその部下は、入社一年以上にもかかわらず仕事を全然こなせない。そのとき、どのように仕事を振るのが適切か。

理由
部下の得意分野を見抜く能力が高い上司はデキる上司です。
部下の事をよく観ているため、部下一人ひとりが得意とする分野の仕事をすぐに思い浮かぶことができます。

部下をあまりよく見ていない上司は、部下の能力が把握できていないため、なんの仕事を振ればよいかすぐに思いつくことが出来ません。

Q2. あなたの部下の一人がミスをしたらしい!あなたはその時なんて声をかける?

理由
よい上司はよりよい未来について考えている

よい上司と呼ばれる人は向上心を持っているため、常に今よりもさらによい状態を目指して全体を把握しています。余計な業務は省き、ミスの出やすい作業は分担する。

チームで動く大切さを理解しているため、向上心のある上司は一人のミスを個人のせいではなく、反省点として改善の余地を探すために動くことが出来ます。

・なんで?は未来のための現状の改善。
・「誰?」は現状を維持にしかならない犯人捜し。

 

Q3. あなたは最近やる気が全く感じられず、ミスの多い部下を呼び出した。

理由

叱る事は相手のためを思った行為ですが、怒ることは、自分のストレスを発散させることが来ていて、相手の問題の改善は二の次になってしまっています。

よい上司は決して感情的に怒らないという事を覚えておきましょう。

叱る:相手のことを考えたときに出る行動。
怒る:自分が思いどおりにならないときに噴出する感情。

 

 

あなたは、ダメ上司‼

あなたは、ダメ上司‼

最悪です!あなたはダメ上司の烙印を押されてしまいました!

しかし、この診断をしてみようと思った時点で、あなたはよい上司になれるだけの余地を持っています!

以下のよい上司の特徴と自分の普段の姿を照らし合わせて、改善できるところはないか確認してみましょう!

良い上司とされる人は、部下を見る能力がある。

良い上司は、部下をよく見ているため、能力に合った仕事の割り当てをすることが出来ます。得意分野に関する業務なら部下の効率が高くなることを知っています。

人の短所やミスは目立ちやすいため、誰だって気が付くものです。部下のミスやできないところよりも、その人が能力を発揮できるポイントを見つけられるようになれば、よい上司になれるでしょう。

デキる上司は現状に満足しない。

目的はよりよい仕事の方法や、チーム作りをしていくことにあるため、部下のミスなど、上司にとって都合が悪い事が起きたときにも、まずミスの起きた原因を探り改善の方法を考えることが大切です。

叱ると怒るについて

叱る事は、注意することです。ミスの可能性を低くして、より良く仕事をできるように教えるための指導のことです。

怒る事は、自分の思ったことと違う事が起きたため感情的になることです。

ミスの改善よりも先に、自分のストレスの解消が先に来てしまっています。叱るよりも怒ることが先に来てしまっている場合は、ミスを減らす仕組みづくりのために、相手がなにを考えているのかや、仕組みに不備がないかを優先的に考えられるようにしましょう。

あなたは、あまりよくない上司!

あなたは、あまりよくない上司!

ギリギリでした!あなたは最悪の上司の烙印をまぬがれましたが、その一歩手前の状態にいることを忘れないでください!

しかし以下のよい上司の特徴を踏まえることで、よい上司として活躍することが出来ます。

良い上司とされる人は、部下を見る能力がある。

良い上司は、部下をよく見ているため、能力に合った仕事の割り当てをすることが出来ます。得意分野に関する業務なら部下の効率が高くなることを知っています。

人の短所やミスは目立ちやすいため、誰だって気が付くものです。部下のミスやできないところよりも、その人が能力を発揮できるポイントを見つけられるようになれば、よい上司になれるでしょう。

デキる上司は現状に満足しない。

目的はよりよい仕事の方法や、チーム作りをしていくことにあるため、部下のミスなど、上司にとって都合が悪い事が起きたときにも、まずミスの起きた原因を探り改善の方法を考えることが大切です。

叱ると怒るについて

叱る事は、注意することです。ミスの可能性を低くして、より良く仕事をできるように教えるための指導のことです。

怒る事は、自分の思ったことと違う事が起きたため感情的になることです。ミスの改善よりも先に、自分のストレスの解消が先に来てしまっています。叱るよりも怒ることが先に来てしまっている場合は、ミスを減らす仕組みづくりのために、相手がなにを考えているのかや、仕組みに不備がないかを優先的に考えられるようにしましょう。

あなたは、そこそこよい上司!

あなたは、そこそこよい上司!

あなたはそこそこ良い上司!良い面も多く持っていますが、本当に良い上司となるためにはあと一歩だけ足りていません!あと少しです。頑張って下さい!
良い上司とされる人は、部下を見る能力がある。

良い上司は、部下をよく見ているため、能力に合った仕事の割り当てをすることが出来ます。得意分野に関する業務なら部下の効率が高くなることを知っています。

人の短所やミスは目立ちやすいため、誰だって気が付くものです。部下のミスやできないところよりも、その人が能力を発揮できるポイントを見つけられるようになれば、よい上司になれるでしょう。

デキる上司は現状に満足しない。

目的はよりよい仕事の方法や、チーム作りをしていくことにあるため、部下のミスなど、上司にとって都合が悪い事が起きたときにも、まずミスの起きた原因を探り改善の方法を考えることが大切です。

叱ると怒るについて

叱る事は、注意することです。ミスの可能性を低くして、より良く仕事をできるように教えるための指導のことです。

怒る事は、自分の思ったことと違う事が起きたため感情的になることです。ミスの改善よりも先に、自分のストレスの解消が先に来てしまっています。叱るよりも怒ることが先に来てしまっている場合は、ミスを減らす仕組みづくりのために、相手がなにを考えているのかや、仕組みに不備がないかを優先的に考えられるようにしましょう。

あなたは、最高の上司

あなたは、最高の上司

あなたは最高の上司です!そのまま自信をもって頑張ってください!