日本には古くから60歳を還暦として祝う慣習があります。しかし「還暦祝い」とはどんなものなのか分からない人も少なくありません。

ここでは還暦祝いとはなにか、還暦のお祝いに決まりごとはあるのかについて解説します。

身近な人が還暦を迎えたときに、よりいっそう気持ちのこもったお祝いができるでしょう。

還暦とは暦(こよみ)が還(かえ)ること

干支が一巡し生れた年に戻ることを、暦(こよみ)が還(かえ)る事から「還暦」といいます。

しかし、干支は十二支ですが、還暦は12年に一度ではありません。

干支には「干」と「支」の2つがあり、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」という10種類の「干」と、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」という12種類の「支」の2つを組合せると60年で一巡します。

還暦は「本卦還り(ほんけがえり)」とも呼ばれるため、一巡して生まれ直しである「第二の人生」の始まりの位置づけもあるでしょう。

暦が一巡するまで長生きし、第二の人生が始まる「還暦」をお祝いするのが「還暦祝い」です。

還暦祝いのときは満60歳の誕生日が一般的

還暦祝いは満60歳の誕生日にするのが一般的です。

昭和30年代までは数えの歳で60歳を迎えたときにお祝いをしていましたが、今は満年齢でする方が圧倒的に多くなっています。

しかし、地方や家族の習わしで今でも数え歳でお祝いをすることもあるため、ご家族やご本人のご意向に沿ってお祝いのタイミングを決めるとよいでしょう。

ご家族の集まりやすいお正月や、夏休みなどのタイミングでお祝いの席を設けるのもよいです。

会社の上司の還暦祝いを考えている場合は、お誕生日に還暦祝いをするというのも難しいでしょう。

60歳での定年退職や配置転換などのタイミングに合わせて贈り物をするのが自然です。

また最近では、成人式のように市区町村が主催の「還暦式」を実施する自治体も増えています。

還暦の赤いちゃんちゃんこの由来は産着(うぶぎ)

昔は出生して間もないころに亡くなってしまう赤ちゃんも多く、産まれてきた赤ちゃんに「魔よけの色」とされる赤い色の産着(うぶぎ)を着せる習慣があったため、暦が一巡した還暦に赤のちゃんちゃんこでお祝いをするようになりました。

ちゃんちゃんことは袖のない綿入れの羽織物のことで、洋装に置き換えると薄手のダウンベストのようなものです。

還暦の贈り物にはどのようなものがよいか

還暦の贈り物は赤いちゃんちゃんこにこだわらなくてよい

還暦の贈り物を選ぶ際、赤いちゃんちゃんこにこだわる必要はありません。

還暦には赤いちゃんちゃんこを贈るのが定番でしたが、最近では、年寄りくさい、恥ずかしい、などの理由であまり喜ばれないこともあります。

ちゃんちゃんこにこだわらずに、赤色の入ったセーターやネクタイなどを選んでもよいです。

真っ赤すぎるものだといかにも還暦でもらったといっているようで喜べない人もいるため、赤が差し色で使われているデザインを選ぶとよいでしょう。女性の方なら、赤い花の花束も喜ばれます。

会社の上司などの還暦祝いでは長寿祝いを前面に出さずに、これまでの労をねぎらい感謝の気持ちを贈る意味で、スタッフがお金を出し合ってプレゼントを贈るケースがほとんどです。

スタッフ一人ひとりのメッセージカードを添えるなどすると、より思い出に残るものとなるでしょう。

物以外のプレゼントには体験型のプレゼントが人気

還暦祝いには、品物ではなく体験型のプレゼントも人気があります。

温泉旅行や屋形船、ちょっと豪華なレストランの食事などのチケットを贈り、ゆっくり過ごしてもらう時間をプレゼントするのも気の利いた贈り物です。

ご両親の還暦祝いであれば、ご予算が許せば家族みんなで旅行に行き、思い出も一緒にプレゼントできたら素敵でしょう。

還暦祝いの贈り物にふさわしくないもの

還暦祝いの贈り物に、お年寄りを連想させるものを選ぶことはタブーとされています。

杖、老眼鏡などは実用的ですが、60歳といえばまだまだ現役で元気な方がほとんどです。年齢を感じさせるようなものは避けたほうが無難でしょう。

また、踏んだり敷いたりするものは相手を下に見ていることになるため、靴下や履物などもNGです。

意外なところではハンカチも相応しくありません。

ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書くことから、縁を切るにつながるため、贈り物としては避けたほうがよいでしょう。

還暦のプレゼントの一般的な予算

ご両親なら30,000円~50,000円、職場の上司などの場合は10,000円くらいが目安です。

ご両親への還暦のプレゼントは、30,000円くらいが平均といわれていますが、食事会なのか、旅行なのか、品物を渡すのか、またご両親揃っての還暦なのかなど、シチュエーションによって予算に差が出てきます。

ご兄弟やご親族と相談をして、またご本人のご希望もきいたうえで、プレゼントの内容や予算を決定すればよいでしょう。

上司へのプレゼントでは職場のスタッフで出し合って贈り物をすることが多いため、上記の金額を目安にスタッフのみなさんで相談するのもよいでしょう。

還暦祝いについてのまとめ

  • 「還暦」とは干支が一巡し生れた年に戻ることをいい、還暦祝いは満60歳が一般的です。
  • プレゼントの予算はご両親なら30,000万円~50,000円、上司なら10,000円が目安になります。
  • 品物のほかにも体験型のプレゼントも人気です。
    還暦の意味やお祝いについて知っておけば、身近な人が還暦を迎えたときに慌てることなく、心のこもったお祝いで喜んでもらうことができるますね。