社会人になると冠婚葬祭に出席する機会が増えますが、法要や法事はあまりないのでマナーに迷うこともあるでしょう。施主側でも参列側でも失礼があってはならない席だと思うからこそ、細かなことが気になります。

ここでは、法要とはなにか、施主側・参列側の法要の服装、お布施の目安、参列する時の御供についてなどをご紹介します。この記事を読むことで、社会人らしく失礼のないスマートな対応で故人の供養ができるようになります。

法要とはそもそもなにか?

法要は追善供養ともいわれ、死者に対しての供養のことをさしています。

法要は亡くなってからの日にちにより、名前が変わります。初七日は、亡くなってから七日経ってからする法要ですが、今では葬儀の時に一緒に済ませることも多いでしょう。

本来は四十九日を迎えるまでの忌日法要は七日ごとに行われるものですが、現代では初七日の後は四十九日とすることが多いです。

亡くなった人の魂は中陰といわれる四十九日間とどまっているとされ、極楽浄土へ旅立てるか判定がされるのが四十九日目といわれており、亡くなった人の魂が極楽にいけるように祈るのが、四十九日法要とされています。

親族や深い間柄だった人などが集まり、読経をささげ会食などをしながら亡くなった人をしのぶのが一般的です。

その後は、地域により百か日、年忌法要の一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と続いていきます。

三十三回忌を「弔い上げ」として、最後の年忌法要にすることが多いでしょう。一般的には、三回忌までは親戚や友人なども招くことが多く、4回目以降の年忌は親族と身内で行うこと傾向があります。

法事と法要の違い

似たような言葉に、法事という言葉があります。今では、法要と法事が同じ意味で使われていることが多いでしょう。

厳密にいえば、法要と法事は違います。法事は仏教行事全般、お盆や彼岸供養などのことをさす言葉です。

また、お経をあげる供養の時間を法要といい、法要後に食事などを法事というという説もあります。

法要の際の服装

法要は、大きく分けて仏式・神式・キリスト教などがあります。

宗教だけでなく、家や地域の風習、回忌などにより多少服装にも違いがあるでしょう。しかし、法要の意味としては、亡くなった人を供養するということで違いはありません。

法要に呼ばれた時、法要を行うときには、まずは服装に迷うでしょう。以下では法要の際の一般的な服装の例をご紹介します。

法要の際施主側は三回忌くらいまでは喪服がよい

法要でも平服でよい場合、一般的には施主側から連絡がきます。

法要の何回目から喪服でなくてよいとの明確なルールはないため、決めるのは施主側です。施主側は平服でいいと考える場合、参列者には早めに案内するようにしましょう。

案内がなければ、参列者は喪服を着てくのが無難です。法要でいう平服とは普段着のことを意味するのではなく、喪服でなくてもよいという意味です。

気をつけたいのは、施主側が参列者の服装の格下にならないようにすることです。参列者には平服でよいとしても、施主側は三回忌辺りまでは喪服を着たほうが参列者も気を使わなくて済み、僧侶にも失礼がないでしょう。

法要での平服はブラックスーツが基本

法要での平服は、男性ならブラックスーツが基本であるため、ソックスは黒無地、光り輝くような素材や派手なデザインのベルトやカフスなどは避けましょう。靴は光沢のないものにするのがマナーです。

女性は、黒のアンサンブルやワンピースがおすすめです。袖丈、スカート丈とも短すぎるものは避けましょう。

ストッキングは黒、靴、バッグとも光沢のないものを選びます。できれば、革製は避けるとよいです。靴はつま先のでないもので、お葬式のときの靴に準じたデザインのものがよいでしょう。

アクセサリーはつけないのが基本です。腕時計は文字盤を手首の内側にむけるのがよいでしょう。ダイヤモンドなどがついて光る結婚指輪は、飾り部分を手のひら側に回しておけば目立ちません。

また、法要でも僧侶による読経があるのが一般的であるため、数珠も持っていきましょう。

法要では夏でもネクタイ・ジャケット

平服でもブラックスーツや黒のアンサンブルにするべきなのは、僧侶は正装だからというのもひとつの理由です。平服でも施主側だけでなく、周りの人にも失礼のないように準備しましょう。

法要の場では、夏でもネクタイとジャケットは着用必須です。

法要に続いて会食がある場合には、ジャケットは脱いでもよいでしょう。周りの人に合わせるのがベストです。

施主側のお布施の目安

施主側として法要をとり行うのに僧侶を呼んだら、お布施を渡す準備をしておきましょう。

お布施の相場は、地域やお寺によっても違いますが、一般的には四十九日法要、一周忌法要のお布施は3万円~5万円程度、三回忌以降のお布施は1万円~5万円程度といわれています。

正式にはお金は半紙の中袋にいれ、奉書紙で包み、水引はしないとされています。

しかし、一般的には市販の御布施と印字された袋か、郵便番号記入欄もない白封筒に御布施と表書きをしてフルネーム、または〇〇家と書いて渡しています。白封筒は、2重になっているものはさけましょう。裏書は必要ありません。

参列する際に持っていくもの

法要に出席するときには、お供え物かお供え物料としての現金を包むのが一般的です。

お供え料の相場は香典の半分以下といわれていますが、1万円ほどを包むのが一般的です。法要の後に会食があれば、会食の値段に見合う金額にしましょう。また、法要の食事のことは「お斎(おとき)」といいます。

水引は黒白の結び切りにします。地域によっては、黄白の結び切りを使うところもあります。関西では、黄白の水引が多いでしょう。

表書きは、仏教なら「御供」「御供物料」「御仏前」、神道なら「御神前」、キリスト教なら「御花料」などとします。「ご仏前へお供えください」といって渡すとスマートでしょう。

お供え物を贈るなら、早めに届くように郵送するのもよいでしょう。質のよいお線香やろうそく、お花、くだものやお菓子などが一般的です。お供え料の相場を目安にしましょう。

法要に招かれた側であるため、「ありがとうございます」とお礼をいってしまうところですが、法要では「ありがとうございます」は使わないほうがよい言葉です。「お招きいただいて恐縮です」などといい換えるようにしましょう。

法要についてのまとめ

  • 法要は追善供養ともいわれ、死者に対しての供養のことをさしています。四十九日を迎えるまでは、七日ごとに法要がありますが、今では初七日と四十九日の法要をするのが一般的です。また、初七日は葬儀と一緒に済ませることもあるでしょう。
  • 法事はお盆やお彼岸などの仏事全般のことをさします。もう一説には、法要は供養をささげる時間のことを意味し、法事はその後の会食などを指すともいわれています。
  • 法要の服装は施主側は三回忌くらいまでは喪服にするのがよいでしょう。参列者よりも格下の服装にならないようにするためです。参列者は、施主側の判断で平服なこともあるでしょう。事前に、施主側から案内があります。
  • 法要での平服は、普段着でよいということではなく、喪服でなくてもよいという意味です。法要の平服は、男性はブラックスーツ、靴下は黒、派手なベルトやカフス、光沢のある靴は避けましょう。女性は黒のアンサンブルやワンピースに黒のストッキングがおすすめです。靴はお葬式に準じ、アクセサリーはしないのが好ましいでしょう。夏でも、ジャケットとネクタイは着用ですが、会食ではジャケットは脱いでもよいでしょう。
  • 施主側として法要をとり行うのに、僧侶を呼んだらお布施を渡す準備をしておきましょう。お布施の相場は、地域やお寺によっても違いますが、一般的には四十九日法要、一周忌法要のお布施は3万円~5万円程度、三回忌以降のお布施は1万円~5万円程度といわれています。市販の御布施と印字された袋か、郵便番号記入欄もない白封筒に御布施と表書きをして渡すのが、一般的でしょう。
  • 出席するときには、お供え物かお供え物料としての現金を包みます。お供え料の相場は、香典の半分以下といわれていますが、1万円ほどを包むのが一般的です。水引は黒白の結び切り、地方によっては黄白のものにします。表書きは、「御供」「御供物料」「御仏前」「御神前」「御花料」などとします。お供え物を贈るなら、早めに届くように郵送するのもよいでしょう。
  • 法要での挨拶では、「ありがとうございます」は使わずに、「お招きいただい、恐縮です」などといい換えるようにしましょう。