3月3日は、桃の節句ともいわれるひな祭りの日です。

ひな人形を飾るのはもちろん、ちらし寿司やあられなど、桃の節句独特の準備もするでしょう。ここでは、桃の節句の意味や由来、ひな祭りの食べ物と意味について解説します。

年に一度の日であるため、しっかり準備をしてお祝いしましょう。

桃(たんご)の節句の意味と由来

桃の節句といわれる3月3日は、「上巳(じょうし、じょうみ)の節句」ともいわれ、年に5回ある節句の日のひとつです。

節句の日は季節のかわり目にあたり、健康をお祈りする風習があります。本来は3月の巳(み)の日をさしていましたが、今では3日と定まりました。

3月3日は、ちょうど桃の季節です。桃の木には魔除けの意味もあることから桃の節句とされたといわれています。

中国にある上巳の節句に川に入って身を清める習わしが平安時代の日本に伝わり、紙や草木で作った人形を川に流して魔除けをする習わしと、日本の人形を使う文が結び付き、流し雛になったといわれています。

しかし、時代と共に流し雛の人形が豪華になってきたため、川に流さずに節句に飾るようになり、今のひな祭りのお雛様になりました。

今では、桃の節句、ひな祭りには、女の子がひな人形のように美しく成長し、幸せな人生を贈れるように祈る日となっています。

ひな人形を飾る期間は一か月

ひな人形を飾るのは、節分で鬼を追い出した2月4日から3月3日の間の約1か月とされています。

お正月と同じく、ひな人形の一夜飾りは縁起が悪いとされています。

しかし、3月3日を過ぎたらひな人形は早めに片づけるようにしましょう。

いつまでもひな人形を飾っていると、女の子の婚期が遅れてしまうといわれています。1週間以内には片づけるようにしましょう。

ひな祭りの食べ物と意味

ひな祭りの食べ物といえば、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、甘酒、菱餅、桜餅などが思い浮かぶでしょう。今では、こどもが喜ぶケーキも欠かせないひな祭りの食べ物になっています。

ひな祭りの食べ物は、家族でお祝いをするためでなく、本来は神仏へのお祈りの御供物として用意する意味もあります。

はまぐりを食べる意味は貞操と良縁

はまぐりの貝殻は、平安時代には「貝合わせ」という遊びの道具として使われていました。2枚貝のはまぐりを離して貝殻を合わせても、もともと対になっている貝殻同士でないとぴったり重なりません。

上記の理由から、ひな祭りのはまぐりには、貞節と良縁の意味が込められています。運命の赤い糸を見つけられるようにとの親心でしょう。

菱餅の形と3色それぞれの意味

菱餅の形、ひし形は心臓をあらわしているといわれています。

ひな祭りの菱餅の形は、厄除けを願う気持ちや子供の思う親の気持ちが込められており、菱餅の3色にも意味があります。

ピンクは魔除け、白は清浄と純潔、緑が健康と長寿といわれています。また、ピンクは桃、白は雪、緑は大地の意味で、春の息吹を表現しているともいわれています。

菱餅のピンクはクチナシの実、白はヒシの実、緑はヨモギで色をつけられて、解毒、結悦効果、造血作用などが期待できる食べ物でもあります。女の子の健康な生活も祈るひな祭りに、親の思いが込められた一品といえるでしょう。

甘酒には神仏への御供の意味がある

甘酒は、主には神仏への御供の意味があります。

今では甘酒を飲みますが、江戸時代の頃には白酒が飲まれており、江戸時代より前には、「桃花酒(とうかしゅ)」というものが飲まれていました。桃花酒は、中国のいい伝えに由来しています。

中国で桃の花が流れる川の水を飲んで300歳までの長寿を手に入れたといわれていたことから、平安時代のひな祭りでは、酒に桃の花を浮かべて飲まれていました。

また、桃の花びらには魔除けの意味もあるため、ひな祭りで桃の花を浮かべた酒がたしなまれたともいわれています。

ひな祭りは家族で子供も一緒に祝うようになって、白酒に見た目が似ていますが、アルコール分が1%未満でお酒ではない甘酒が飲まれるのが主流になっています。

ちらし寿司の意味は縁起かつぎ

ちらし寿司は、昔は「なれ寿司」といわれる、縁起物のエビと季節の菜の花を使ったものが主流でした。

しかし、いつしか縁起を担いだ具材が足されていき、今のちらし寿司になっています。

レンコンは、穴が多いことから将来の見通しがつくようにとの思いを意味し、豆は健康でまめに働けるように、また長寿のシンボルのエビも使って、お祝いのひな祭りにぴったりのお寿司になっています。

桃の節句についてのまとめ

  • 桃の節句の3月3日は、「上巳(じょうし、じょうみ)の節句」ともいわれ、年に5回ある節句の日のひとつです。中国では、上巳の節句に川に入って身を清める習わしがあり、それが平安時代に日本に伝わりました。
  • 日本の紙や草木の人形を川に流して魔除けをする習わしと、人形を使うひいな遊びの習わしが結びつき流し雛になり、人形が豪華になったことで、現在のかざる習慣に変化したとされています。
  • ひな人形は、節分で鬼を追い出した2月4日から3月3日の間かざるのが基本です。3月3日を過ぎたら、早くしまわないと婚期が遅れるといわれています。
  • ひな祭りの食べ物には、ちらし寿司、はまぐりのお吸い物、甘酒、菱餅、桜餅などがあります。はまぐりには、貞節と良縁の意味が込められています。菱餅のひし形は、心臓を表現していて、厄除けや子供の思う親の気持ちが込められています。色にはそれぞれ、ピンクは魔除け、白は清浄と純潔、緑が健康と長寿、またはピンクは桃、白は雪、緑は大地の意味があります。
  • 甘酒を飲むようになったのは最近で、江戸時代には白酒、平安時代には桃花酒が飲まれていました。ちらし寿司の意味は、レンコンが将来の見通しがつくように、豆は健康でまめに働けるように、また長寿のシンボルのエビも使って、お祝いのひな祭りにぴったりのお寿司になっています。