吟風弄月(ぎんぷうろうげつ)の意味とは

吟風弄月とは、自然の風景を題材にして詩や歌を作ることです。風に吹かれながら詩を吟じて、名月を眺めながら楽しむということからきています。

同義語には風流韻事があります。

吟風弄月のビジネスシーンでの使い方

吟風弄月は、ビジネスシーンや日常生活で使うことはあまりないと思います。

ビジネスでは自己アピールの時に私の趣味は吟風弄月です。などと口火を切ると、歌や詩に興味のあるお客様と意気投合するなんてことがあるかもしれません。

普段、ビジネスシーンで気を遣い、泥臭く働いている方にとって、リラックスできる趣味、心を落ち着けるために吟風弄月のように休日を過ごしたいなどと表現できると思います。

さらに、吟風弄月のおかげで、良いアイデアが浮かんできます。というように、リラックスして歌や詩をなんとなく自然に触れながら作ったり詠んだりしていたことで、ビジネスシーンの現実の世界で、役に立つ画期的な提案を思いつくことや、アイデアが閃くということはあると思います。

そのため、ゲームやレジャーもよいですが、吟風弄月もまた、風流でよいですというような趣味の提案として社長から言われたりするかもしれません。

吟風弄月の使い方と例文

彼の曲の詩は、吟風弄月でほとんど書かれている。
私はスポーツマンですが、吟風弄月をしながら、体を休めたり、リラックスすることにしている。
風流を感じたいなら、吟風弄月をすると、日本の古き良き味を堪能できます。