マナラボ
ホワイトカラー
ブルーカラー

ホワイトカラーとブルーカラーを知っていますか?
ホワイトカラーはスーツを着て、デスクワークを中心とした仕事をしている人をさし、ブルーカラーは作業服を着て、力仕事を中心とした仕事をしている人をさします。
今回は3つの質問に答えて、あなたがどっちのカラーのタイプか簡単に診断してみましょう!

Q1. あなたはどっちが好き?

Q2. あなたはどっちが得意?

Q3. あなたはどっちの仕事が好き?

ややホワイトカラータイプです。

ややホワイトカラータイプです。

頭を使うことが好きでありながら、機械を操作すること、または力仕事が得意なあなたはややホワイトカラータイプです。実際に現場に出て対話をする機会が多い営業職などが向いているでしょう。

ややホワイトカラーの職業例
・バイヤー
バイヤーの仕事内容となるための方法 収入について詳しく解説

・営業
ルート営業の仕事内容 楽な部分と辛い部分について詳しく解説

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

あなたはややブルーカラータイプです。

あなたはややブルーカラータイプです。

力仕事が好きでありながら、頭を使うこと、または人と対話をすることが得意なあなたはややブルーカラータイプでしょう。建設業の現場を仕切る現場監督などが向いているでしょう。

ややブルーカラーの職業例
・現場監督
現場監督の仕事とは何かの紹介や、なる為の方法について詳しく解説

・電気主任技術者
電気主任技術者ってどんな仕事なのか、資格の取得方法、平均年収など

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較

あなたはブルーカラータイプです。

あなたはブルーカラータイプです。

からだを動かすことや力仕事が好きなあなたは実際に現場に出て働く機会の多いブルーカラータイプです。製造業や建設業に就くことで力を発揮することができます。

ブルーカラーの職業例
・配管工
配管工の仕事内容と年収 なるために必要な資格や勤務体系の解説

・鳶職
鳶職(とびしょく)の仕事内容となるための方法 収入を詳しく解説

・土地家屋調査士
土地家屋調査士の仕事内容やなるための方法 平均年収と勤務体系

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較