天網恢恢(てんもうかいかい)の意味とは

天網恢恢は、中国・春秋戦国時代の哲学者である老子の書物「老子道徳経」を出典とすることわざで、「天網恢恢疎にして失わず(天網恢恢疎にして漏らさず、とも表記する)」の省略表記です。

天網恢恢は「天網恢々」とも表記されます。

天網は「悪人・悪事を逃さない為に天が張りめぐらす網」を、恢恢は「大きく広く包み込む様」を、疎は「おろそかにする。あるいは、一つ一つが離れてまばらである事。」を意味しています。

老子道徳経に記されている内容は以下の通りです、「天は悪人・悪事を逃さない為に世界中に網を張っている。その網の目は広く大きいが決して見逃すことはない。」

したがって、天網恢恢は、「天は人をしっかり見ているので悪事を働けば必ず報いを受ける。」ということを意味しています。

類語には、勧善懲悪(かんぜんちょうあく)・破邪顕正(はじゃけんしょう)・天罰覿面(てんばつてきめん)などがあります。

天網恢恢のビジネスシーンでの使い方

天網恢恢という言葉はビジネス用語ではありません。

しかし、ビジネスシーンにおいてはスピーチの際などに、天網恢恢を用いて手抜き仕事の戒めや、努力の奨励をする事が出来るでしょう。

天網恢恢の使い方と例文

天誅も骨が折れるな。これで天網恢恢疎にしてらしちまったり、なにかしちゃ、つまらないぜ。
出典:夏目漱石「坊ちゃん」
天網恢々でなにも俺がジタバタしなくても何れ犯人は~判り、俺の無罪が証明されて無事に釈放される
出典:久生十蘭「魔都」
天網恢恢疎にして漏らさず、ということわざがあります。必ず誰かが自分の行いを見ているため、もし手抜き仕事をすれば必ずその報いを受けるでしょう。同じように一生懸命努力すれば必ずそれは誰かに伝わっているため、励んで下さい。