老若男女(ろうにゃくなんにょ)の意味とは

老若とは、老いた人と若い人をさす言葉で、男女はそのまま男性と女性を意味しています。

つまり、老若男女とは「老いた人も若い人も関係ないあらゆる世代の男女」のことです。

同義語として一般的な言葉には、万人、全世代などがあります。

老若男女のビジネスシーンでの用法

ビジネスシーンで老若男女を使うとすれば、それは商品やサービスの対象範囲をさす場合が多いです。

本来なら商品やサービスは、誰を対象にして提供するのかを明確にするのが一般的です。若者、中高年、高齢者、男性、女性など、対象をある程度絞って商品やサービスを生み出します。しかし、そうして対象を絞らない、まさに万人受けするような商品やサービスの場合、その対象は老若男女です。

そして、これはプレゼンで商品やサービスをプッシュしようとする時、非常に大きな武器となります。
対象を限定していないのですからあらゆる世代から支持される可能性が高く、爆発的なヒットも夢ではありません。

つまり、ビジネスシーンにおいては、マーケットの広さを強調するのに「老若男女」という言葉が使えるでしょう。

老若男女の例文

若い係長はプレゼンで「老若男女からの需要を見込める商品だ」と、商品の長所を強くアピールしました。
開発中のアプリは老若男女にとって便利なアプリなので、とても多くの人に利用されるはずだ。
「これからの商品は老若男女から支持されないと売り上げが伸びないよ」と、部長は部下にアドバイスしました。