群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の意味とは

群雄割拠とは「多くの英雄や実力者が各地に勢力を張り巡らし、お互い対立して覇権を争っている」といった戦国時代のような様子をあらわした四字熟語です

類似語には治乱興亡などがあります。

群雄割拠のビジネスシーンでの用法

ビジネスシーンでも「群雄割拠」が使われていることがあります。

「A業界はまさに今、群雄割拠の時代になってきました。」というように、A業界は、上位の数社によって激しくシェアナンバーワン争いをしているような状況の時に使われます。
群雄割拠の世を収めることは非常に難しい場合が多いです。

反対に、「群雄割拠の世を生き抜く企業にならねばなりません。」といったように、自分の会社がその業界の上位グループには入らない場合でも厳しい状態で、会社を存続させなければならないという場合に使われる場合があります。

業界で圧倒的にシェアナンバーワンの会社がある場合は群雄割拠とはいわず、むしろその会社が群雄割拠の世を勝ち抜いたことになります。

群雄割拠の例文

群雄割拠の世を生き抜くのは非常に困難な事です。
群雄割拠の世から抜け出したのはこの人でした。
〇〇選手が引退して、これからの日本代表争いは群雄割拠の時代になるでしょう。