三者三様(さんしゃさんよう)の意味とは

三者三様とは、人はそれぞれ違う考え方や、やり方があるという意味の四字熟語です。

三者三様のビジネスシーンでの意味

三者三様はビジネスのシーンでも幅広く使われます。

あるプロジェクトのメンバーに、Aさん、Bさん、Cさんを抜擢することにしました。

この3人は、社内でも仕事に対する考え方が違う三人で、性格もおとなしいAさん、リーダーシップを発揮するBさん、お調子者のムードメーカーのCさんです。
このプロジェクトの成功には、たくさんの知識や考え方が必要となってきます。まさに三者三様で無限の可能性を秘めている3人なら成功に繋がるだろう。

という具合に使われます。

ビジネスのシーンでは人と人との関わりが重要な場合が多いので、特に考え方は人それぞれです。また、好みや、苦手なことなども様々です。だからこそ、気づきもしなかったアイデアがひらめいたりもします。

三者三様ははビジネスのシーンではあまり悪い意味で使われることがないはずです。三者三様だからこそ生きてくる事が多いからです。

三者三様の例文

賛成意見や反対意見があるのは当然の事です。人の考え方というのはみな三者三様であるからです。三人いたら三つの考え方や意見が出て来て当然だということです。
オリンピックの、フィギュアスケートの審査員も、出身地の異なる審査員が集まっていますので得点も三者三様になります。