籠鳥恋雲(ろうちょうれんうん)の意味とは

籠鳥はかごの中にとらえられている鳥をさし、身動きがとれないような状態を意味する言葉です。

恋雲は外に見えている雲や、空を恋しく思う様子をさしており、自由を奪われている状態から脱したいと望む意味で使われます。

同義語には、拘束、束縛など、自由が制限されてしまう状況をあらわしている言葉があります。

籠鳥恋雲のビジネスシーンでの用法

籠鳥恋雲はあまりよい意味の言葉ではないため、ビジネスにおいて使用されること多くありません。しかし、労働は多かれ少なかれ自由を制限された中で行われるものです。

社会に出ると通勤や会議など、時間に対する意識が学生時代とは異なり厳しいものになります。

残業が多い場合は自分の時間が持てなくなるなど、籠鳥恋雲は普段使わないようで我々の身近にある言葉でしょう。

籠鳥恋雲の使い方と例文

社会人としての現状に籠鳥恋雲を感じているのなら、転職することも考えるべきだ。
残業が続き、籠鳥恋雲の面持ちで仕事に取り組んでいる。
彼女は家事と子育てに忙殺され籠鳥恋雲だという。
自由とはなんなのかを考えさせられてしまう言葉でもあります。