寸鉄殺人(すんてつさつじん)の意味とは

寸鉄殺人とは、相手の弱点や急所を的確に突いている意味の言葉です。

寸鉄、短い刃物だったとしても急所を的確に攻撃すれば人を殺すことができる、という意味から生まれました。

古代中国の随筆「鶴林玉露」の中に出てくる有名な言葉の1つで、類義語としては、殺し文句、痛いところを突くなどがあります。

寸鉄殺人のビジネスシーンでの用法

ビジネスシーンでの特別な用法はないため、通常の用法と同様に使うことができます。

ビジネスにおいて、仕事の話を長々としたり、相手をくどくど説得し続けたりといったことはあまり有効ではありません。

短くて的を射た、相手の心に突き刺さるような端的な言葉を使う方がずっと効果があるでしょう。

ただし「殺人」という言葉を含むため、聞こえはよくない言葉です。たとえ相手の言葉やテクニックを褒めるためだとしても、目上の人や社会的立場の高い人の前で使うことはしないほうがよいでしょう。

寸鉄殺人の例文

彼女の的確なアドバイスはまさに寸鉄殺人だ。非常に端的でわかりやすく、痛いところを突いてくるからだ。
彼のする忠告は寸鉄殺人というよりもただの悪口なので、多くの人が彼と話すことに苦手意識を持っている。