二者択一(にしゃたくいつ)の意味とは

 二者択一の意味は、二つある選択肢の中から一つだけを選択する状況についてを表現した四字熟語です。

二者択一に含まれる「者」は一般的に人をさす言葉ですが、二者択一が用いられる対象は人に必ずしも限定していない場合が多いです。

人だけに限らず、二つのある選択肢の中から一つだけを選択する状況では、なんにでも当てはめてよく使われるポピュラーな四字熟語です。

二者択一のビジネスシーンでの意味

二者択一そのものはビジネス用語ではありません。しかし、ビジネスにおいて二者択一の状況になることは決して珍しくありません。

ビジネスでは、限られた中から選択を迫られることが多々あります。特に管理職や経営者は、仕事の進め方、人選、さらには会社の方針を決める瞬間など、さまざまなシーンにおいて二者択一を迫られる状況に遭遇します。

二者択一の決定によって仕事を取り巻く環境が大きく変わったり、あるいは収益に差が出たりなど、会社の命運を大きく左右することもあります。

二者択一の状況でいったいどちらを選ぶのかは、ビジネスシーンにおいてとても重要な局面といえるでしょう。

無礼千万の使い方と例文

「新商品開発のために必要な設備投資を早急に行うか否か、社長は二者択一の選択を迫られていた。」
「部下2人のうちどちらを次のプロジェクトのリーダーにするか、部長は二者択一に頭を悩ませている。」
「社内コンペで最後まで残ったどちらの案を採用するのか、管理職の社員は二者択一の決断をしなければならない。」