酒池肉林の一般的な意味

酒池肉林は「しゅちにくりん」と読み、意味は「極めて贅沢な宴会のこと」をあらわす言葉です。

「酒池」とは「お酒で満たした池」で、「肉林」は「林の木に肉を吊るしたもの」を意味しています。

酒池肉林という言葉は『史記(殷本紀)』に出てくる言葉で、中国が殷の国だったころに暴君が酒池と肉林を用意して、盛大な宴会を開いたことが書かれています。

宴会の後に「男女をして裸し其の間に相ひ逐はしめ、長夜の飲を為す」という記述があります。意味は「男女を裸にしてはお互いに追いかけさせ、昼夜問わず、享楽の限りを尽くした」という意味です。

上記のことから、酒池肉林に「性的に乱れている宴会」という意味を加えて解釈する人が出てきましたが、これは誤用で、正しくは「贅沢で豪勢な宴会」という意味をあらわしています。

酒池肉林のビジネスシーンでの意味

酒池肉林という言葉がビジネスシーンで使われることはあまりありません。

贅沢の限りを尽くしたような豪勢な宴会はビジネスシーンでほとんど開かれることがないためです。

ビジネスで大儲けをした相当裕福な人の場合、酒池肉林のような毎日を送っている場合もありますが、一般的にビジネスで用いられることはないでしょう。

酒池肉林の使い方と例文

酒池肉林のような毎日を夢見てきたが、実際にはすぐに飽きてしまった。
国民の生活は飢えや病気で大変なのに、宮廷では王族が来る日も来る日も酒池肉林で遊びほうけていたため、革命が起こったのだろう。
戦に勝ったあとは酒池肉林のような宴が催されて、武士たちの疲れを癒した。
バブルの絶頂期には毎晩、酒池肉林のような接待があったといわれている。