沐浴抒溷(もくよくじょこん)の意味とは

沐浴は、身体を水で洗い清めることをいい、主に宗教的な儀式を指す言葉です。滝行による禊や、神社の手水舎で行う、手洗い・口すすぎも沐浴の一種となります。抒は、汲み出す・とり除くという意味があり、溷は、濁る・汚れるという意味があります。

沐浴抒溷は、「身体を水で洗い清め、自分の汚れを取り除く。また、神聖な儀式の為に身体を水で洗い流して清めること。」を意味します。

類語は、斎戒沐浴(さいかいもくよく)、沐浴斎戒(もくよくさいかい)、精進潔斎(しょうじんけっさい)などがあります。

沐浴抒溷のビジネスシーンでの意味

沐浴抒溷はビジネス用語ではありませんし、日常的に使う言葉でもありません。

沐浴抒溷という四字熟語は、主に宗教的儀式に際して使われる言葉ですが、「身を洗い清める」という意味はビジネスシーンでも使えます。

例えば、「社運を懸けた新プロジェクトの前などに、気合いを入れるため、あるいは神仏の加護を願う為に皆で沐浴抒溷をししましょう。」といった使い方です。

ビジネスで重大な局面に差し掛かった場合は、沐浴抒溷して神仏の加護を願うのもよいのではないでしょうか。

沐浴抒溷の使い方と例文

神様に失礼がないように、神社を参拝する前に、自宅で一度、沐浴抒溷をしておくことは基本である。
沐浴抒溷をして神仏に加護を願い、心機一転して取り組もう。