破綻百出(はたんひゃくしゅつ)の意味とは

破綻は布の破れた部分とほころび部分のことです。百出は数の多いことを表した例えです。

破綻百出とは布の破れた部分やほころび部分から、糸くずが数多く出ていることから転じて、弁明をすればするほど、ぼろが出てしまう状態をさします。

破綻百出のビジネスシーンでの意味

破綻百出はビジネスシーンでも使える言葉ではありますが、できるだけ使用しないほうがよい言葉です。

例えば、自分が何かミスを犯したとします。その際になんとか一人でリカバリーしようとすることは問題ありませんが、そのために一度嘘をついてしまうと、その嘘を隠すために更に嘘をつくという様な悪循環が始まってしまいます。

誰しもミスをしたことは隠したいし、挽回したいと思いますが、そうなってしまっては取り返しがつかなくなってしまいます。また、そういう時の嘘は簡単に見破られるので、自分の評価を下げる要因となってしまいます。

破綻百出とならないように、ミスに気付いたときはすぐに上長に相談し解決の手段を探るのが重要です。

初めは言いにくいかもしれないですが、取り返しがつかなくなってから上司に相談しても解決は難しくなってしまうので、勇気を出して相談するようにしましょう。

破綻百出の使い方と例文

あの状況の説明では破綻百出になっても無理もない。