雲水行脚(うんすいあんぎゃ)の意味とは

雲水とは動き続ける雲と水から、終えることのない修行を続ける修行僧のことです。

行脚とは、ある目的のために地方を巡ること、また僧侶が自らの修行の為に諸国を巡ることです。

これらの意味から、雲水行脚とは「ある目的のために動き続けること」をさします。

雲水行脚のビジネスシーンでの意味

雲水行脚は仏教用語ではありますが、ビジネスでも同様に目的のために動き続けることが求められる場面は多くあります。

例えば、得意先への外回りやテレアポの電話など想定されるものは様々なものがあります。

そのほとんどがすぐに結果の出ないもので続けることが体力的、精神的につらいものだと思います。しかし、雲水行脚の精神を持つことで、ゴールに向かうための修行と思って取り組み、実施し続けることができるのだと思います。

また、ビジネスでは資格の取得などといった自己研鑚を求められる場面も出てくると思いますが、その点においても雲水行脚の考えで学習を続けることで、目標達成に近づくことができます。

自分に負けないために必要な考え、それが雲水行脚の精神です。

雲水行脚の使い方と例文

この作業は無駄になるかもしれないが、雲水行脚と思い続けることが重要だ。