時節到来(じせつとうらい)の意味とは

時節到来の「時節」は、よい機会や丁度良い時期、そのときという意味の熟語です。ここに、やって来るという意味の「到来」があわさり、時節到来とは「ちょうどよい時期がくる」という意味になります。

類義語には、「好機到来」「時期到来」があります。

時節到来のビジネスシーンでの意味

特別にビジネスシーンにおいて異なる意味で用いられるといったことはありません。

「チャンス」とほぼ同じように使えますので、目上の方や上司の方へ使う時など砕けすぎた表現がふさわしくない場面で重宝するのではないでしょうか。
仕事をしていくなかで、タイミングを図り、時期を見て実施することは大きなビジネス効果を生むことが珍しくはありません。

商談など相手方へアピールする際に上手く取り入れることで、より強い印象をもって伝えることができるでしょう。言葉の意味柄、むやみに使うと信用にも関わりますので、使うべきときを判断して使うようにすることが必要になります。

時節到来の使い方と例文

あなたのような貴人がここへお出でになったのは、まさに妖怪どもが殲滅せんめつの時節到来いたしたものと思われます。
出典:岡本綺堂『中国怪奇小説集』
彼はいよいよ怪盗捕縛の時節到来とばかりに勇躍するのだ。
出典:横溝正史『双仮面』