氷肌玉骨の一般的な意味

氷肌玉骨(ひょうきぎょっこつ)とは美しい女性を意味し、また別の意味として梅の花をあらわす言葉でもあります。

「氷肌」とは、女性の氷のように清らかで滑らかな肌をあらわしており、「玉骨」とは美人の骨をあらわしています。

また、玉という言葉は、高潔な様子やきれいなものや貴重なものなどをあらわすときに使われており、日常生活では「玉のような肌」や「玉の輿」といった言葉で使われています。

以上の理由から「玉骨」は人間では美人な女性をあらわしています。

梅の花としての「氷肌」の意味は、梅は冬がまだ終わり切っていない、とても寒くて他の植物が花を咲かせないときに白い花を付けるさまをあらわしています。

氷肌玉骨のビジネスシーンでの意味

氷肌玉骨があまりなじみのない言葉のように無いように感じるのは、人間で美人な女性を表現する言葉には「容姿端麗」という言葉があるためでしょう。

「氷肌玉骨」という言葉をビジネスシーンで使う事は、タレントのようなメディアに取り上げることが多い女性に対して使用されています。

人間よりも梅の花について使用されることが多く、もう少しで春になる季節に、雪がまだ残っているような状況で咲く梅の白い花を表現する場合に使います。

女性では元気な女性よりも大人しくて儚げで、透き通るような白い肌を持ち合わせている女性に対して使ってこそ最適でしょう。

氷肌玉骨の使い方と例文

「抱くと折れてしまいそうな氷肌玉骨な女性だ」
「雪に映える氷肌玉骨な梅の花だ」