塞翁失馬(さいおうしつば)の意味とは

塞翁失馬は不幸だと思ったことが幸運に転じることや、逆に幸運だと思ったことが不幸に転じる意味の言葉です。

「なにが幸運になって何が不幸になるのか人間にはわからないのだから、現状だけ見て一喜一憂するのはやめなさい」という意味でも使われます。

塞翁失馬は、幸と不幸が二転三転する有名な故事が語源です。

塞翁失馬の語源となった思想書「淮南子」より
「塞翁という中国の老人が大切にしていた馬を逃してしまったため悲しんだ。しかし、しばらくして逃げた馬が別の良馬を連れて一緒に帰ってきた。しかし、その馬に乗った息子が落馬して腕の骨を折ってしまった。しかし、そのおかげで息子は徴兵を免れた。」

塞翁失馬のビジネスシーンでの意味

塞翁失馬はビジネスシーン意味が変わることはありません。しかし、浮き沈みの激しいビジネスの世界では幸が不幸に、不幸が幸に転じることが頻繁にあります。

ビジネスに成功して浮かれている人に釘を刺したいときなどに使えるでしょう。

ビジネスチャンスを逃して落ち込んでいる人を励ましたいときなどの場面で、ただ単に「何が起こるか予想できないものだよ」というよりも塞翁失馬を交えて話すことで説得力を増し加えることができます。

塞翁失馬の使い方と例文

幸が不幸に転じることもあるという警告の意味で使った例は以下の通りです。

「塞翁失馬というから、これにおごらず精進していきなさい」

不幸が幸福に変わるかもしれないという励ましの意味で使った例は以下の通りです。

「きっと次はうまく行くさ。塞翁失馬というじゃないか」