シニカルの意味とは

シニカルは「皮肉な」「冷笑的な」「軽蔑した」といった意味を持っている言葉です。

「皮肉」が「遠まわしに意地悪く相手を非難すること」「予想や期待に反して思い通りにいかないこと」を意味しており、「冷笑」は「相手をあざ笑うこと」「相手を蔑むこと」とそれぞれ訳されるように、シニカルは決してよい意味で使用される言葉ではありません。

シニカルという言葉は、日本語に直すと「犬儒学派」とあらわされ、歴史は古代ギリシャまでさかのぼります。

古代ギリシャで「シニシズム」「キュニコス派」と呼ばれる哲学の流派がありました。当時のギリシャに失望したシニシズムの人々は、社会を見下し、さげすみながら犬のように辺りをうろつき、反文化的な生活を送っていたことからシニカルという言葉が生まれたといわれています。

ビジネスシーンで使われることもシニカルは日常生活と同様の意味で使用されています。

シニカルの使い方と例文

シニカルはマイナスの意味で使われることが一般的に知られているため、実際に使用する際にはしっかりと意味を理解しておくことが大切です。

シニカルを使った例文
「意見を述べると、上司がシニカルな笑みを浮かべた。」
「仕事柄さまざまな経験をするが、シニカルな人間になってしまわないよう、日ごろから心がけている。」
「彼にシニカルな記事を書かせたら、間違いなく日本一だ。」

基本的に「シニカル」は「意地が悪い」「ひねくれた」といったよくない意味を持つ言葉です。ビジネスシーンで使用する際は特に気をつけましょう。